映画【カジュアリティーズ】感想

CASUALTIES OF WARU-NEXT
スポンサーリンク

●こんなお話

 ベトナム戦争中に偵察任務の小隊が現地の女性をレイプして殺害した戦争犯罪の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 序盤は主人公たちの小隊がベトナムでの戦場を一緒に体験する構成になっていて、地下トンネルから出てくるベトコンや友好的な村だと思っていたら実は…な、どこかから襲ってくるかわからない恐怖やストレスの状況下に置かれたアメリカ兵を見えてくれてきつい状況です。

 個人的にはジョン・レグイザモ演じる兵隊が「自分は強姦は嫌だ」と言っていて主人公と一緒に反対の立場を一応とるけれど、結局命令に屈してしまうという一応悩みながらもみんなと一緒に行動してしまう弱いキャラクターというのが自分もこの立場になってしまうのではないかと共感してしまいました。

 戦争ものとしても迫力あって爆破や銃声が響いて、主観目線だったりスローだったり、主人公が仲間の非道っぷりを上官に報告した以降に殺されそうになるとかのサスペンス風だったりとブライアン・デ・パルマらしい演出も楽しめました。

 そして偵察任務について、とある村を上官の命令で娘を1人拉致して連れ去ってしまうという。主人公だけ反対して残りの仲間はみな上官に従ってしまう。戦地の命令や同調圧力に屈してしまう辛さ。異常な状況下でまともでいることの大変さが伝わってくるただただつらい時間。

 最後の裁判後にショーン・ペンがマイケル・J・フォックスに耳打ちするところが何話しているのか気になるオチで、主人公が地下鉄でベトナム人少女に似た女性と出会ってという救い的な終わりになっていますが、ただ辛い映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2021/03/26 U-NEXT

監督ブライアン・デ・パルマ 
脚本デイヴィッド・レイブ 
原作ダニエル・ラング 
出演マイケル・J・フォックス 
ショーン・ペン 
ドン・ハーヴェイ 
ジョン・C・ライリー 
ジョン・レグイザモ 
ツイ・ツウ・リー 
エリック・キング 
ヴィング・レイムス 
タイトルとURLをコピーしました