映画【山猫は眠らない】感想

SNIPER☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 狙撃手コンビが反政府組織のボスを暗殺するスナイパーの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 すべてを知り尽くしたベテランと訓練は一人前だけど実戦はまるでやったことないルーキーのバディものにプラスして狙撃手の地味なリアルさと派手にアクションというジャンルがミックスされた面白さのある作品でした。

 敵地に潜入して待ち伏せして仕留めたら敵に追われながら脱出するというのだけで見せ場があってハラハラドキドキに主人公のかつての相棒が今やライバルのスナイパーとして追ってきて彼を逆に待ち伏せする面白さ。ただ彼がずっと顔が見えなかったのに顔を出しちゃうとこんな顔なのかぁ、と突然カリスマ性をなくしてしまうのがちょっとがっかりでした。

 主人公コンビがお互い信用せずに終始揉め事をして、後半は本当に殺しあいますが。結局、助け合って2人ともトラウマを負っているけれど、2人で乗り越えることでそのトラウマを克服していくのもわかりやすい設定で楽しめました。

 ただ戦争アクションのジャンルものとして上映時間の短さですが、それでも長さを感じるのは派手な見せ場が結構少なく、ベテランがルーキーに教えをしてそれに反発、というやりとりを繰り返すのが長さを感じる原因だと思いました。

 ビリー・ゼインがチンピラや悪役ではなくベテランに振り回されるルーキーというのが新鮮な映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/03/28 BSテレ東

監督ルイス・ロッサ 
脚本マイケル・フロスト・ベックナー 
クラッシュ・レイランド
出演トム・ベレンジャー 
ビリー・ゼーン 
J・T・ウォルシュ 
エイデン・ヤング 
ケン・ラドリー 
タイトルとURLをコピーしました