映画【カルロス】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ブラジルの犯罪組織のボスが日本で拳銃の密売してるけど、ヤクザの抗争に巻き込まれて銃撃戦していく話。

●感想

 ブラジルで8人だかの警官を殺して日本に逃亡してきた主人公カルロス。冒頭で拳銃を売ったのに金を払ってくれずに無礼な態度のヤクザを射殺する。
 射殺されたヤクザたちは敵対するヤクザの仕業だと勘違いして抗争のために殺し屋を雇って、主人公も雇われる。

 この映画の魅力は登場人物の魅力と銃撃戦の面白さだと思いました。
 カタキ役のアメリカ人の殺し屋の初登場もカッコよくて、同じく雇われた元自衛隊員だかの殺し屋が紙の的にバンバン拳銃を撃った後に、アメリカ人の殺し屋に拳銃を渡してどのくらいの腕を確かめようとしたら、簡単に自衛隊員を射殺するカタキ役。この時のカメラワークも面白いです。「紙の的を穴にしてもしょうがないわな」という台詞のカッコよさ。
 主人公と弟が親戚のおばさんの住む団地に初めて行ったときに長い長い廊下をワンカットで見せて、物凄い長さ。2度目に出てきたときにその長さがめっちゃ怖いシーンになるのが最高でした。殺し屋に狙われて逃げるけどなかなか逃げられない怖さ。

 案の定、雇われていたヤクザに裏切られて命を狙われる。仲間や家族を狙われて……。
 主人公はなまっていてお気楽な感じで人を殺してもなんとも思ってないという軽い感じのキャラクターだけど話している内容が怖いのが面白かったです。後半になるにつれ、最初の軽い感じはなくなり殺人マシンとなって皆殺しにしていく。

 クライマックスの殺し屋の銃撃戦も面白くて、カタキ役の倒し方なんて最高です。目をつぶってからの長い長い間のあとに目をあけると……。というカットは最高でした。

 カッコいい銃撃戦が見られる映画で興奮する映画でした。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2014/11/12 DVD

監督きうちかずひろ 
脚本木内一雅 
原作きうちかずひろ 
出演竹中直人 
チャック・ウィルソン 
春川ますみ 
寺尾友美 
大木実 
1+
タイトルとURLをコピーしました