映画【BRAVE HEARTS 海猿】感想

●こんなお話

 天然ガスプラントで事故が起こって海猿が頑張る話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 冒頭、タンカー座礁からものすごい迫力のシーンを見せてくれて興奮すること間違いないです。海上保安庁の全隊員から選りすぐりの隊員たちで構成された特救隊にいる主人公ですが、彼らが黒煙の中からヘリで現れる姿は一緒になって応援してしまいます。
 そのタンカーで救助者を救おうとしてスタンドプレーをする主人公。それに反発する伊原剛志さん演じる副隊長。この2人の流れと、もう1つは佐藤隆太さん演じる隊員とその恋人が事故を起こすジャンボに乗っていて救出するという2つのストーリーが柱となりますが。それだけでなく、ジャンボが事故を起こしどうやって着陸させるのか? というのを迫り来る時間との戦いで緊迫感あるシーンの連続で見せてくれて事故が起こってからは息つく暇も無かったです。
 そこでは、海上保安庁、警察、消防、医師、更には漁師まで。全ての人たちが、自分に出来ることはないかとジャンボ機に乗っている人たちを救出するために動く姿は胸が熱くなります。必死にジャンボを操縦する機長がこれまたカッコいいんだ。
 
 そして準備を急いで行い、海上着水させることになりますが。そこもものすごい迫力のシーンにしていて腹筋に力を入れてみないと見ていられなかったです。そこからは20分という限られた時間でスピード感いっぱいの展開。そこで、最初激突していた主人公と副隊長が心を合わせて救出活動する姿は胸が熱くなります。沈み行くジャンボの中、1人の隊員が脱出に失敗してしまいますが。そこは、海猿。主人公、1人で潜ろうとする→戸惑う偉い人たち→決断して、命令する時任三郎さん→一斉に仲間のもとへ隊員たち。海上保安庁協力の巡視艇ドーン! 佐藤直紀さんの音楽ドーン! といつものパターンですが盛り上がります。
 そしてその後の展開も海猿パターンですが、今回は水深60メートルだがで無理でしょう? と思ってしまいます。

 全てが終わったあと、全員が喜ぶ姿は胸が熱くなりました。震災後の日本人を意識しているとは思いますが、せめて映画の中だけでも一致団結した姿を見ることができて幸せでした。
 ただ、何故プロポーズを断ったうんぬんは要らなかったかな? と思いました。プロポーズオッケーして事故があっても別によかったんではなかろうか? とも。

 とはいえ、これほど緊迫感ある映画で更に映画らしいスペクタクルを見せてくれて最高のエンタテイメントでした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/07/17 試写会

監督羽住英一郎 
脚本福田靖 
原作佐藤秀峰
出演伊藤英明 
加藤あい 
佐藤隆太 
仲里依紗 
三浦翔平 
平山浩行 
伊原剛志 
時任三郎 
0
タイトルとURLをコピーしました