映画【いのちの停車場】感想

A Morning of FarewellDVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 東京の救命救急で働いていたお医者さんが金沢の在宅医としていろんな患者さんを診る話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭でいきなりトンネル事故が発生して大爆発。というツカミがスペクタクルでビックリでした。そこから東京の救命救急センターに映って、吉永小百合さんが救命救急のバリバリの医師として働いているところから、現場の医師というより経営側ではないのだろか? というノイズが終始画面によぎる映画でした。その後も田中泯さんと出会って夫婦かな? と思ってみていたら「お父さん」と話し始めるので、そうなのか…。と考え込んでしまいました。

 話自体はいろんな患者さんがいて、それを主人公たちが訪問して患者さんの事情を聞いていくというエピソードの数珠繋ぎで、映画として人間が死んでいくというのは見せ場なので、各エピソードはそれなりに感動や盛り上がりになりますが。クライマックスのみみたいな流れなので、それぞれの患者さんたちの背景はよく知らないので、主人公たちが泣きそうになったり音楽で感情を盛り上げて見せ場となっていますが。そこまで盛り上がらない各エピソードでした。芸者さん、IT企業の社長さん、プロ棋士などが描かれていきます。

 あいまに入るモンゴル料理屋だかでのみんなでわいわいというシーンも、みんなでモノマネ大会するとかもどういう気持ちで見ればいいのかわからなかったです。

 そして主人公と父親のエピソードがメインだと思いますが、父親が転倒骨折をきっかけに疼痛に襲われてそれを解放してくれと頼まれて主人公の苦悩。この苦悩もダイジェストの中の1つという感じで医師として娘としてどういう行動をすればいいのかをもっと掘り下げてほしいエピソードでした。それに吉永小百合さんが「彼氏とはそれきり」と別れ話をしたりするのとかも気まずかったです。

 とはいえ、出ている役者さんは豪華で華やかでオールスター映画みたいだし、映像や照明も柔らかくて綺麗で金沢っていいな、と思える映画でした。 

☆☆

鑑賞日:2021/12/06 DVD

監督成島出 
脚本平松恵美子 
原作南杏子
出演吉永小百合 
松坂桃李 
広瀬すず 
南野陽子 
伊勢谷友介 
柳葉敏郎 
小池栄子 
みなみらんぼう 
泉谷しげる 
石田ゆり子 
田中泯 
西田敏行 
森口瑤子 
中山忍 
松金よね子 
小林綾子 
菅原大吉 
国広富之 
西村まさ彦 
タイトルとURLをコピーしました