映画【ガーディアンズ: 呪われた地下宮殿】感想

7 Guardians of the TombNetflix
スポンサーリンク

●こんなお話

 中国の古代地下遺跡で殺人スパイダーに襲われる話。

●感想

 弟が謎の遺跡みたいなところで失踪したので、彼を救いに行く主人公とそのチームたちが砂嵐に巻き込まれて逃げ込んだら地下洞窟に行っちゃって、そこにスパイダーが襲ってきてという。アドベンチャーものとして面白いかなと期待のできる設定でしたが、正直これといった見せ場もなく淡々と過ぎる90分でした。

 よくある定番の設定をどう料理してフレッシュなものにしてくれるのかと期待しますが、正直主人公にも仲間たちやカタキ役にも誰にも何の気持ちも動かされることはなかったです。中国の昔の王様が不老不死のために魔術師に依頼したら、殺人スパイダーが発生したらしいとか研究者の説明があり、主人公たちは洞窟からの脱出を目指す。

 基本、蜘蛛が襲ってきてワーワーなって逃げまどって終わり。次の部屋で中国系のおじさんの研究者が壁画とかを見ながら解説して。そして主人公の両親や弟の8ミリフィルム風の回想がやたらと挿入されるくらいで恐ろしく退屈でした。

 主人公たちと殺人スパイダーとの戦いも何の迫力などもなく、恐ろしく淡々とした描き方で見せ場として全く機能していなかったです。どうやって逃げるのか助かるのかというハラハラドキドキなども一切なかったです。

 主人公が探していた弟を普通に後半で蜘蛛の巣に絡まれていて、起こしたら普通に起きて一緒に行動していくというのとか。1番の目的の弟の救出が恐ろしく簡単に見つかるというのとかどういう気持ちになればいいのかという見つけ方でした。さらにお宝を独り占めして逃げる何の新鮮さもないカタキ役の退場の仕方とかもこれまた何の障害でも何でもなくどうでもいい障害としてのキャラクターでした。

 ちょっとどこを面白さを見つければいいのか難しい映画でした。

鑑賞日:2021/06/25 NETFLIX

監督キンブル・レンドール
脚本キンブル・レンドール
ポール・スタヒリー
出演ケルシー・グラマー
リー・ビンビン
ケラン・ラッツ
ステフ・ドーソン
ヤスミン・カシム
ティム・ドラック
ライアン・ジョンソン
シェイン・ジェイコブソン
ジェイソン・チョン
タイトルとURLをコピーしました