映画【名前のない女たち】感想

namaenonaionnatachiDVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 AV業界の話。

●感想

 陵辱ものに悩んで自殺してしまう人なんかがいましたが、実際にあるのだとしたたら。凄い世界だと思いました。

 最初はネクラな主人公がオタクキャラになりきって人気を得ていくのは、いきなりすぎてついていけなかったです。最初の現場からいきなりオタクキャラになったのは、どうしてそうなったのかがあまりわからなかったです。

 クライマックスの狂気的なファンが起こす事件は異様に安っぽく興ざめしてしまいました。それに、事件を起こすファンが全く怖くなく。それに、効果音にピンクの血の色などいきなりファンタジーになってしまったというか。それまでAV業界を描いてきたのに突然、世界が変わってしまってガッカリでした。

 ボートで流れる主人公など突然の世界観の変化、ちょいとついていけなかったです。

 それに物語の開始と終わりで、主人公とその母親との関係がどう変化したのかがわかりずらく。主人公が、カメラに向かって笑顔で終わられても困っちゃいました。

 元レディースとの友情物としても、中途半端な印象で。クライマックスで遠くへ旅に行くという展開も戸惑う映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2011/03/05 DVD

監督佐藤寿保 
脚本西田直子 
原作中村淳彦
出演安井紀絵 
佐久間麻由 
鳥肌実 
河合龍之介 
木口亜矢 
鎌田奈津美 
草野イニ 
新井浩文 
渡辺真起子 
タイトルとURLをコピーしました