映画【47RONIN】感想

DVDorBD

●こんなお話

 忠臣蔵をモチーフにしたハチャメチャファンタジーな話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 怪物だったり妖術だったりてんこ盛りで物凄いことになってました。

 基本、忠臣蔵の流れで進んで「殿中でござぁる」の松の廊下事件が赤穂藩で起きてしまう。しかも妖術で。
 ちょっとここまでが開始45分ほどと流れが長くてもっと早く浅野内匠頭が切腹してくれないと物語が始まらないのでテンポをよくてもよかったと思います。

 そして何故か吉良上野介が赤穂藩を乗っ取るというどういう世界なんだろうと謎の展開でしたが、赤穂藩家老の大石内蔵助は危険人物と穴倉に監禁されます。けど何故か1年後に解放される。この展開も謎でした。
 そしてキアヌ・リーブス演じる主人公と共に仲間たち47士でリベンジをしようとなる。

 まず何をするかと。「刀がないんで刀を入手」という。武士の魂である刀を持ってないという大チョンボをしてしまったので、主人公が育ったという天狗たちから刀を入手という。主人公はまるで源義経のような育ちでした。
 残念だったのは、ここで苦労して手に入れた刀が物凄い力を発揮する。みたいな流れだったのに、ほとんどその力が発揮されてない感じになってしまっていたのが残念でした。吉良側に出てくる巨人の侍とかも見せ場ないし。大石側のキャラクターたちも1人また1人やられていってもよくわからないためそんなに心は動かなかったです。

 そして吉良側との攻防が繰り広げられていくという。吉良上野介を討ち取るより吉良に憑いている菊池凜子さん演じる妖術使いを討ち取ればいいんじゃないのかな? と思ったりしてもダメな映画でした。
 最後は47士がまさかの同時切腹という凄惨な現場になるんだろうな、と想像してしまうおぞましいシーンでした。しかも介錯がない。あのあと、みんなのたうちまわるんだろうなと心配になりながら終わりました。

 忠臣蔵としては無茶苦茶な世界だしファンタジー映画としては【ロード・オブ・ザ・リング】とか他のファンタジー映画で見た事あるようなもので目新しさがなくて新鮮味に欠ける映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2013/12/09  TOHOシネマズ南大沢  2014/05/10 Blu-ray

監督カール・リンシュ 
脚本クリス・モーガン 
ホセイン・アミニ 
ウォルター・ハマダ
出演キアヌ・リーヴス 
真田広之 
浅野忠信 
菊地凛子 
柴咲コウ 
赤西仁 
田中泯 
ケイリー=ヒロユキ・タガワ 
0
タイトルとURLをコピーしました