映画【すべては君に逢えたから】感想

☆☆

●こんなお話

 いろんな人たちの恋愛模様の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 【イブの恋人】。
 玉木宏さん演じるウェブデザインの取締役の男性と劇団員の女性の恋の物語ですが。
 この社長、部下に対してめちゃくちゃ厳しいです。それは最初から最後までそうで、部下が可哀想なまま終わるのも凄かったです。そして秘書には「泣ける映画」「笑える映画」などDVDを秘書のセンスでレンタルしてくれるように頼むという謎の男。
 高級料理のお店で偶然出会ったヒロインと喋ってたらヒロインが「彼氏と来るお店だったけど彼氏死んじゃった」というウソをついてしまう。
 また偶然、ホテルのレストランみたいなところで出会った2人。主人公は「謝罪したい」となってヒロインは自分の劇団に高級焼肉弁当の差し入れを要求。その帰り道に「彼氏が死んだことが嘘だった」と謝罪。「君は芝居をする資格がない」と酷いことを言って立ち去る主人公。
 その後、主人公の元にヒロインから手紙が届く。手紙を読んだことでクリスマスの街を走る主人公。しかも秘書が選んでたDVDは実はこのヒロインがレンタル屋さんではたいていて、秘書がヒロインに聞いて選んでいたことを知るという偶然。田舎に帰るヒロインのもとへ現れ、「初めてのデートで見る映画は何がオススメかな?」という。。そして名画【カサブランカ】を見るという。

 クリスマスに東京駅周辺で【カサブランカ】をやってる劇場ってどこだろう? 
 主人公の気持ちの変化のきっかけが手紙というのも弱すぎだし、東京の街で偶然に再開する確率高すぎで乗り切れないエピソードでした。

 【遠距離恋愛】。
 仙台で東日本大震災の復興事業をしている彼氏と東京でウエディングドレスのデザイナーをしているヒロインの連距離恋愛。

 お互い仕事が忙しくて約束もあわなかったりで、次第に疎遠になっていって美人の先輩との関係を疑い喧嘩してしまう。
 そしてクリスマスの日に仕事を成功させたヒロインに彼氏からLINEが入って東京駅でのプロポーズ。遠距離結婚しよう、って。。なんだ遠距離結婚って…。と戸惑ったまま良い雰囲気の2人なのでした。 

 仙台の被災地の意味ってあったのかな? だったり、クリスマスの日にそんなファッションショーなんてやるのかな? と思ってしまったり。手に後○○日と彼氏と再会できるのを描きこんで油性かな? 水性かな? と気にしてしまうエピソードでした。

 【二分の一成人式】
 新幹線の運転士のお父さん。仕事をどうやら辞めた様子。息子から「どうして辞めたの?」と聞かれても答えを濁す。
 お父さんは余命3ヶ月の病気だったらしい。残された時間を何とか有意義に過ごそうとするお父さんの話ですが、この余命3ヶ月の難病の病名が一切出てこないです。
 「調子悪いんだ」と言ってたりお腹をおさえたりするくらいで、そんな難病に見えないのが痛いです。たとえば薬は何を飲んでるのか? 痛みはないのか? 苦しさはないのか? 余命3ヶ月なのに大勢の命を預かる新幹線の運転士ってできるんだろうか? と疑問が出てきました。

 それに息子と喧嘩してしまって、どうやって修復するのかと思ってたら。二分の一成人式に何食わぬ顔で出て、息子の感動的な作文を聞いて良い表情って…。もっと何か具体的なきっかけで親子の関係の修復を描いてほしかったです。
 そしてクリスマスの日にお父さんの命は残り少ないという涙ながらの告白。これで息子は一生、クリスマストラウマになっちゃうだろうな、と心配してしまいました。

 親子3人のクリスマスの食事がめっちゃ豪勢で絶対食べきれない量だよな、とか。成人式だったら1月じゃないのかな? とか気になってしまうエピソードでした。

 【遅れてきたプレゼント】
  ケーキ屋の女主人は49年前に東京駅で駆け落ちをする男性と待ち合わせてたけど男性は現れなかったという。

 クリスマスの日にその男性の兄がやってきて、その男性が少し前に亡くなり、駆け落ちをする男性を自分が止めた事を謝罪して。男性が大切に持っていた49年前の新幹線の切符を渡して去っていく。
 女主人泣きながら「クリスマスプレゼントもらっちゃった」と話す。

 何故、このお兄さんは弟の駆け落ちを止めたのかがわからないため。一切何の感情も動かされることはなかったです。何で男性は駆け落ちをやめたのか? そもそも駆け落ちって誰にも言わずにするから駆け落ちじゃないのだろうか? と疑問のエピソードでした。

☆☆

鑑賞日: 2013/12/01 イオンシネマ多摩センター

監督本木克英 
脚本橋部敦子 
出演玉木宏 
高梨臨 
木村文乃 
東出昌大 
市川実和子 
甲斐恵美利 
時任三郎 
大塚寧々 
山崎竜太郎 
本田翼 
倍賞千恵子 
小林稔侍 
0
タイトルとURLをコピーしました