映画【リメインズ 美しき勇者たち】感想

DVDorBD

●こんなお話

 人食い熊とマタギの戦いの話。

●感想

 オープニング、夫婦を襲う熊が人形感いっぱいですが。女の人が、首を噛まれてグイングイン振り回されるところなんかショッキングでツカミはバッチリのスタートでした。
 そして、雪の中を菅原文太さんをリーダーに歩くマタギ軍団が登場して。熊の足跡をたどって、ハントしようとする展開も熱かったです。崖を駆け下りる真田広之さんたちのJACなアクションも最高でした。そして、熊をしとめようとしたとき現れる1人の女。この女性の登場から展開が一気に遅くなっていってしまいました。

 ここから、物語は回想になって。女性が主人公たちの村の者で、家族を熊に殺され復讐の鬼と化すのが説明されます。そこまでは理解できますが、そこから何故か県議会議員が出てきて「マタギは古いんだ」とマタギの職業差別が出てきたり、新しい事業の波が村までやってきてマタギたちが肩身の狭い思いをするという展開が理解できないっす。一体、人食い熊との戦いに何の関係があるのか?
 そして、ほとんどが回想に費やされて。ラスト30分でまた時間軸が戻り、いきなりの熊とのクライマックス。1人ずつ待ち伏せ作戦というのがいきなり提案されます。

 そして、主人公たちは戦いますが。ここでヒロインが、突如アマゾネスみたいな格好をするのが凄いです。

 なかなかテンポが悪くて退屈でしたが、実際の熊の映像を交えて広大な自然の中を走り回る映像は迫力があってよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2012/01/21 DVD

監督千葉真一 
監修深作欣二 
脚本佐藤繁子 
出演真田広之 
村松美香 
黒崎輝 
真矢武 
栗原敏 
夏八木勲 
南田洋子 
森田美樹 
奈美悦子 
高部知子 
田中浩 
鈴木ヤスシ 
蟹江敬三 
長門裕之 
菅原文太 
0
タイトルとURLをコピーしました