映画【ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷】感想

DVDorBD

●こんなお話

 銃で財を成した夫人が銃で不幸な目に遭った幽霊から攻撃される話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 ゴシックホラーのような雰囲気のある映像で昔ながらのホラー映画感があってよかったです。 

 ただ24時間365日増改築している屋敷という設定が全く活かされていないストーリーが残念な出来でした。幽霊に呪われて息子さんが夢遊病にみたいになっちゃって、呪いを解くという定番中の定番の展開が続く中でキャラクターも面白さも特にないので、ただ音響でビックリさせられるだけで100分間退屈に感じてしまいました。 

 未亡人を調べる主人公も麻薬漬けとかもそこまで活かされるとは思えないし、未亡人は幽霊が来た! と騒いでるだけの100分間でした。 

 数多く作られているホラー映画がある中で特に新鮮さもないホラー映画でした。 

☆☆

鑑賞日: 2019/04/09 DVD

監督マイケル・スピエリッグ 
ピーター・スピエリッグ 
脚本トム・ヴォーン 
マイケル・スピエリッグ 
ピーター・スピエリッグ 
出演ヘレン・ミレン 
ジェイソン・クラーク 
セーラ・スヌーク 
フィン・シクルーナ・オープレイ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました