映画【目撃者 闇の中の瞳】感想(ネタバレ)

who-killed-cock-robin
スポンサーリンク

●こんなお話

 昔、当て逃げ事故を目撃した主人公がその事故の真相が明らかになっていく話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公の新聞記者の研修生が雨の山中で車がエンストして動けなくなってるときに車の衝突事故を目撃して加害者が逃走、被害者のドライバが死亡して助手席の女性が瀕死の状態。

 加害者の写真を上司に見せるけど特に報道せずに9年だか経って記者として働く主人公。交通事故を目撃して国会議員が事故を起こして不倫相手と乗っていたことをしていたことを報道しようとする。そしたら自分が運転中に事故を起こして自動車工場へ持って行くと、修理の様子から過去にこの車事故を起こしていると言われて旧知の警察官に自分の車の履歴を調べてもらう。すると自分が目撃した当て逃げ事件の被害車両だということがわかる。さらに自分が不倫報道した議員は実は結婚していて不倫ではないということで逆に訴えられて新聞社をクビになる。

 自分の車が目撃した当て逃げの被害車両だったので被害者の1人を元上司と一緒に捜索して高級お茶から割り当てて話を聞こうとするけど、けんもほろろに取材を断られる。けどもその後主人公に電話をして話を受けようとしたときに誰かが訪ねてきて行方不明に。彼女を訪ねると不審な人物が部屋にいて追いかけるけど逃がしてしまう。

 誘拐された女性は何者かに監禁されて逃げ出そうとしたりするサスペンスがありつつ。被害女性を探し回ったら怪しい男の家に行くけど決定的証拠がなく。自動車工場のおじさんも自殺してしまって、上司が実は自動車工場のおじさんが9年前の当て逃げ犯でしたというのを証言。けれども調べるうちに内務大臣が加害者でしたということがわかったり。当て逃げの被害者が富豪の娘の誘拐事件の犯人で身代金を持って逃げていたところで事故を起こして…というのがわかって。

 内務大臣を告発しようとするかしないか悩んで結局しない。しかも主人公も事故当時に被害車両にあった身代金の一部を奪っていたことがわかる。そして元上司の女性は内務大臣の愛人で実は彼女が当時の車を運転していたのではないかと主人公が語って誰が運転していたのかな? でおしまいという。

 あまり台湾映画でこの手のサスペンス映画スリラー映画をみたことなかったので、そういった意味での珍しさは面白かったです。 

 ただいろんな要素を詰め込みすぎていて、最初は当て逃げ事故の真相を調べていって関係者を探すところから始まりますが、しだいに監禁ものになったりしていって話がどこにいくのかわからず、しかも事故当時の回想が羅生門スタイルで当事者の話として映像化されるので混乱に拍車がかかる構成でした。 しかも結構女性がなかなかのバイオレンスを受けて辛いです。 

 どんだけ台湾は世界が狭いんだというくらいすべての登場人物が被害者と加害者で事件につながっているという恐ろしい世界の映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/07/27 DVD 2022/10/09 Amazonプライム・ビデオ

監督チェン・ウェイハオ 
脚本チェン・ウェイハオ 
出演カイザー・チュアン 
ティファニー・シュー 
アリス・クー 
クリストファー・リー 
メイソン・リー

コメント

タイトルとURLをコピーしました