ドラマ【ワンダヴィジョン】感想

WandaVisionDisney+
スポンサーリンク

●こんなお話

 ワンダとヴィジョンが幸せに暮らしているけれど、何やらその生活はおかしなところがあって…な話。

●感想

 いきなり小さい画面サイズでアメリカのテレビドラマを主人公たちキャラクターそのものが演じているという設定で始まって、いくつかおかしな描写があって明らかにおかしというのは提示されますが、最初の数話は30分くらいずっとコメディドラマを見せられていてどういう気持ちになればいいのか戸惑う話でした。

 中盤からそのテレビドラマの設定の外の話になってだんだんと真相が明らかになっていきます。そこで主人公のスカーレット・ウィッチの幼少期が明らかになったり、主人公たちが住む街がどうやって誕生したのかというのがわかってきて、「ペットセメタリー」的な悲しさがあるもので最終話でのお別れのシーンとかはファンなら感動が何倍もある展開だったと思います。

 ただやはり最初のほうは恐ろしく退屈ですし、最終話のバトルも激しくてスペクタクルなもので大迫力ですが。CGキャラクターがドッカンドッカン戦うだけで、エリザベス・オルセンがポーズを決めていて赤い波動みたいなのを出るのを想像してお芝居しているのかな? と冷めた視線で見てしまうクライマックスでした。

 それにカタキ役も普通に魔女という設定とかも個人的には乗り切れず、主人公とカタキ役でプカプカと空中を浮いているのを悲しい気持ちで見る戦いでした。

 クライマックスで家族みんあで戦うという「インクレディブルファミリー」感のある戦いはよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2021/10/21 Disney+

監督マット・シャックマン
出演エリザベス・オルセン
ポール・ベタニー
テヨナ・パリス
ランドール・パーク
カット・デニングス
キャスリン・ハーン
タイトルとURLをコピーしました