映画【パシフィック・ウォー】感想(ネタバレ)

uss-indianapolis-men-of-courage
スポンサーリンク

●こんなお話

 広島へ投下する原子爆弾を運んだ巡洋艦のインディアナポリスの沈没したときの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 なかなかの見るのが辛いCGの出来の戦闘シーンが冒頭からやる気がそがれるツカミでした。そこからインディアナポリスの乗組員の日常があって密命を帯びて原爆をテニアン島へと運ぶミッションがくだされて日本の潜水艦に撃沈されて…。 

 と戦争ものからサメの襲撃のサバイバルものになって三幕目が法廷劇とてんこ盛りの内容になっていました。ちゃんと日本サイドもしっかりと描いてくれて戦後のことも知ることができました。 

 ただいろんなことがてんこ盛りですが、どれも薄味になっていて、しかもサメの襲撃がいきなりサメ襲撃のジャンルものになっていて、しかもそれが浅いので長いこと漂流してゲンナリしているだけのシーンなので退屈でした。 

 主要な登場人物たちに華があんまりなくて誰が誰だかわかりにくいのもマイナスでした。 

 とはいえ、インディアナポリス号でどんなことがあったのか勉強として知ることのできる映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/08/03 Blu-ray

監督マリオ・ヴァン・ピーブルズ 
脚本キャム・キャノン 
リシャール・リオンダ・デル・カストロ 
出演ニコラス・ケイジ 
トム・サイズモア 
トーマス・ジェーン 
コディ・ウォーカー 
マット・ランター 
ジェームズ・レマー 
竹内豊 

コメント

タイトルとURLをコピーしました