映画【終戦のエンペラー】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 終戦後に昭和天皇に戦争責任があったのかどうなのか日本の閣僚たちに話を聞くアメリカ軍人の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 非情なる殺戮兵器、原子爆弾が投下されて日本が降伏。厚木飛行場へやってくるマッカーサーとその部下で主人公であるフェラーズ准将。
 厚木飛行場にサングラスにコーンパイプをくわえて降り立つマッカーサーの姿は有名ですが、それがハッタリだったという出だしからして面白いです。日本兵何千人が警備してこちらは丸腰。いつ撃たれるもわからない状況だけど、あえて丸腰で余裕な感じで降り立つぞ、と。

 そして戦争責任が天皇にあるのか? という命令を受けて主人公が天皇の側近たちに話を聞きに行く流れ。東条英機、近衛文磨、木戸幸一、関屋貞三郎などの実在の人物たちに話を聞きに行き、有名なエピソードが語られてきます。開戦時の御前会議で【四方の海 みなはらからと 思ふ世に など波風の 立ちさわぐらん】という短歌を詠みあげたことや宮城事件や戦争指導会議のときの御聖断が描かれていきます。しかしどれも正確な資料などがなくて証言のみ。果たして本当に天皇に戦争責任がないのか? というのを探す主人公。
 というのと、主人公が戦前に出会った恋に落ちた日本人女性との恋愛。そして戦後、彼女の行方を探す。その恋愛の回想が挟まられ、彼女の叔父の海軍大将から日本人の根幹を学ぶという流れ。

 クライマックス。いよいよ天皇陛下とマッカーサーの会談。そこをちゃんと見せ場として描いていて、写真撮影のシーンも立っているのが面白いです。そして、天皇御自ら何故ここに来たのかを語る。有名なお言葉。短くわずかなシーンですが、何故か涙が止まらないシーンで。やはりボクの心の中には日本人として天皇というものがどういった存在なのか、日ごろ考えたりもしてないけれど。日本人として生まれてよかったと思いながら見てました。

 よくをいえば、もう少しアメリカ側が天皇制を維持するのか壊すのかというのを議論するシーンがあってもいいかな? とも思いました。陛下を戦犯にするのか? しないのか? とか。ただそれをやるとどんどんと長くやるので仕方ないかなと思いつつ。 
 淡々と描きつつデリケートな問題を丁寧に簡潔にエンターテイメントとして、ハリウッド映画なのでラブストーリーも入れつつ描く面白い映画だと思いました。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2013/07/27 TOHOシネマズ南大沢

監督ピーター・ウェーバー 
脚本デヴィッド・クラス 
ヴェラ・ブラシ 
原作岡本嗣郎
出演マシュー・フォックス 
トミー・リー・ジョーンズ 
初音映莉子 
西田敏行 
片岡孝太郎 
羽田昌義 
伊武雅刀 
夏八木勲 
中村雅俊 
火野正平 
桃井かおり 
0
タイトルとURLをコピーしました