映画【ウルトラヴァイオレット】感想

Hulu

●こんなお話

 近未来でファージだかっつう人間より能力高い人種が人間に迫害されて、人間と戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 冒頭、球体から忍者軍団が現れてからのアクションで期待の高まるツカミでした。そこから主人公の紹介でスーパーアクションが展開されますが、話は説明不足で何だかよくわからずついていけない展開でした。
 主人公の髪の毛変わったり衣装が変わったりしますが、それが何なのかわからないままだったり、主人公が運んだ者が少年だと知ると何故か母性本能発動して仕事の依頼人に反旗を翻して追われる立場になる。
 最初のほうで主人公がどんな人間でどういう考えなのかというのが描かれないので、突然少年を守ろうとする意味がわからなくなっているのが原因だと思いました。

 肝心のアクションシーンも真っ黒なフルフェイスをかぶった人たちがワラワラと現れてはやられていくだけなので、これがなかなかの単調さで、見せ場であるはずのアクションシーンがあんまり楽しめないのが痛い映画でした。
 カタキ役も魅力を感じられないし、ミラ・ジョボビッチのカッコよさ一点突破で見てもキツイ作品でした。

☆☆

鑑賞日: 2015/01/15 Hulu

監督カート・ウィマー 
脚本カート・ウィマー 
出演ミラ・ジョヴォヴィッチ 
キャメロン・ブライト 
ニック・チンランド 
ウィリアム・フィクナー 
セバスチャン・アンドリュー 
0
タイトルとURLをコピーしました