映画【太平洋の翼】感想

DVDorBD

●こんなお話

 太平洋戦争末期に新兵器とかで戦局を打開しようとする話。

●感想

 特攻を批判し生きて戦うことを命じる三船敏郎さん演じる司令が、各地に散らばった飛行士たちを集めるところから始まり。硫黄島、ラバウル、フィリッピンの地にいる飛行士たちが内地に帰るためのアクションシーンの連続のシークエンスですが。ラバウルチームがコメディパートな一方、フィリッピンチームは次々に戦死していき重たい輸送機を軽くするために仲間の死体まで捨てていくという悲壮感いっぱいなためコメディとのバランスが悪いような印象を受けました。

 とはいえ、紫電改を使って本土防衛のために次々にやってくる米軍機を撃墜していきますが。更に防衛範囲を広げて散らばってしまうために、しだいに押され始めて。次々に仲間が減っていき、戦艦大和の水上特攻に命令に違反して大和とともに運命を共にする4人の姿は涙なくしてはみれないです。ただ、そこの特撮シーンはまるまるカットされてしまっているので残念でした。

 100分ほどの内容ですが、東宝のオールスターキャストで重みもたっぷりでエンタテメイントであり戦争の悲惨さを十分描いている作品だったと思います。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/04/12 DVD

監督松林宗恵 
特技監督円谷英二 
脚本須崎勝弥 
出演三船敏郎 
加山雄三 
夏木陽介 
佐藤允 
船戸順 
片岡光雄 
新野悟 
岡豊 
織田政雄 
桐野洋雄 
大村千吉 
田崎潤 
西村晃 
上村幸之 
中山豊 
西条康彦 
池部良 
伊藤久哉 
渥美清 
砂塚秀夫 
中谷一郎 
0
タイトルとURLをコピーしました