映画【トレーニング デイ】感想(ネタバレ)

training-day
スポンサーリンク

●こんなお話

 制服警官から麻薬取締官になったルーキーがついた相棒がトンデモナイ麻取でどえらい一日の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 新人麻薬取締官とベテラン麻薬取締官の朝起きて出勤してから夜までの1日の話で、とにかくベテランさんの過ごし方がとんでもない野郎で、取り締まる側であるはずお警官が汚職汚職の連続という。
 それを延々と見せられて、ルーキーと一緒に現実を見せられてゲンナリする120分という。

 理想と現実に悩みながらも、そりゃ先輩が言ってるんだから仕方なく一緒に悪いことをしちゃうけど。実はベテランがロシア人と揉めて、金策に走っていて、その手伝いをさせられていたことがわかる。
 しかもいう事を聞かないとわかるとチンピラに殺させようとしちゃうベテラン。酷すぎます。ここの助かり方が物凄い偶然の出会いというのは出来すぎでイマイチ乗り切れなかったです。

 先輩のいう事どこまで聞けばいいんだおるな、と考えさせる映画でありLAPDモノとしてギャングとかがリアルで怖くて面白い映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/03/08 Hulu

監督アントワン・フークア 
脚本デヴィット・エアー 
出演デンゼル・ワシントン 
イーサン・ホーク 
スコット・グレン 
エヴァ・メンデス 
シャーロット・アヤナ 
ハリス・ユーリン 
トム・ベレンジャー 
レイモンド・J・バリー 
クリフ・カーティス 
Dr. ドレー 
スヌープ・ドッグ 
メイシー・グレイ 
ニック・チンランド 
レイモンド・クルーズ 
タイトルとURLをコピーしました