映画【日本統一5】感想

touitsu5Netflix
スポンサーリンク

●こんなお話

 出所した氷室が親分の三上が川谷から氷室をもらいたいとの願いから、三上の兄弟分の大宮が怒って大変な話。

●感想

 刑務所から出所した主人公の氷室が仲良くなってた川谷が自分のところに欲しいと願いを氷室の親分の三上に願い出る。困惑する三上だったけど、自分だけではなく組全体のことを考えたうえでと氷室にこの話を打診する。一方、そのうわさ話を聞いた大宮と田村は「親分を簡単に変えるなんて」と激高する。出所した大宮は兄弟分の三上の苦言を聞かずに暴れまわって内輪もめを起こして、親分たちから煙たがられて三上が間に挟まって悩む。

 三上と大宮の関係が主人公の氷室と田村の関係性と似ていて、三上の親分が大宮を簡単に切れないのが昔自分の罪を背負ってくれたという恩義があったけれど。もはや今の暴れっぷりが目に余ってきて…。今回は三上と大宮の関係の苦悩が見どころの1本でした。

 そして氷室のお父さんが川谷が昔お世話になってた親分さんの実子だと判明して、しかも昔話をしていたら、氷室が小さいときに父親と公園の遊具で遊んでたところを襲撃されたのを守ったのが川谷だったという驚きの事実。実は氷室が子供の時に強い男になりたいと思ったきっかけが川谷だったという。

 そして大宮の問題にとうとう氷室が乗り込んでいって2人の決着。氷室の子分の人はこの間、ナイフで刺されてたのに今度は拳銃で撃たれるという毎回負傷して可哀そうです。そして至近距離の銃撃戦からの当たらないので殴り合い。大宮にジャイアントスイングする氷室が面白かったです。そして三上と大宮の悲しい別れ。そしてとうとう田村が出所して出迎えた健太をアッパーカットして終わるというのがニコニコしてしまう終わり方でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/10/03 NETFLIX

監督山本芳久 
原案山本ほうゆう 
企画山本ほうゆう 
出演本宮泰風 
山口祥行 
小沢仁志 
哀川翔 
タイトルとURLをコピーしました