映画【スーパーマン4 最強の敵】感想

SUPERMAN IV: THE QUEST FOR PEACEAmazonプライム
スポンサーリンク

●こんなお話

 スーパーマンが核兵器廃絶したり、レックスルーサーがスーパーマンの髪の毛と太陽の力を使ってニュークリアマンを誕生させる話。

●感想

 スーパーマンは今日も地下鉄の暴走を止めたり宇宙ステーションのピンチを救ったり、人助けに忙しく。デイリープラネットは新しいオーナーになって売れる新聞のために真実よりもキャッチーな見出しなどでみんなのモチベーションが下がったり。レックスルーサーは甥っ子の助けで刑務所を普通に脱出してスーパーマンの髪の毛を使って何やらプランを思案中。

 子供の提案を受けて国連でスーパーマンが世界の核兵器廃絶を決めて、各国の核ミサイルを宇宙に大きな網を設置してミサイルを集めている映像は驚きのものでよかったです。それをぶん投げて太陽にぶつけて消滅させる。レックスルーサーが開発したスーパーマンの素みたいなのつけた核ミサイルを飛ばしてスーパーマンが太陽にぶつけて処理したら、スーパーマンの分身みたいなのが誕生する。

 このニュークリアマンというカタキ役のキャラクターが結構残念で、筋肉はあるけれどオツムが弱いという設定でしかも弱点が太陽の光が少しでもなくなるとへなへなと腰を抜かして意識を失うという。

 スーパーマンとクラークケントが2人の女性と打ち合わせで行ったり来たりするのとかは楽しかったです。 

 緊張感とか一切なく緩い雰囲気はこれはこれで牧歌的で楽しいですが、自由の女神を放り投げるニュークリアマンや月で戦うスーパーマンとニュークリアマンやニュークリアマンを原子力発電所に閉じ込めるというのを冷めた目線で見てしまう作品でした。

☆☆

鑑賞日:2021/09/28 Amazonプライム・ビデオ

監督シドニー・J・フューリー 
脚本ローレンス・コナー 
マーク・ローゼンタール 
原案クリストファー・リーヴ 
ローレンス・コナー 
マーク・ローゼンタール 
出演クリストファー・リーヴ 
ジーン・ハックマン 
マーク・ピロー 
マリエル・ヘミングウェイ 
マーゴット・キッダー 
ジャッキー・クーパー 
マーク・マクルーア 
タイトルとURLをコピーしました