映画【TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ】感想

TOO YOUNG TO DIE Netflix

●こんなお話

 事故死した高校生が好きな人に会いたいと地獄で人間界に戻ろうとしたりする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 宮藤官九郎さんらしいハチャメチャな世界観が地獄というリアリティが無視されているのがプラスに働いていて、地獄の世界でハイテンションなキャラクターたちが大暴れするのが楽しい映画でした。

 それでいて主人公が何とか好きだった女の子に会いたいと現世に別の生き物になって、そのヒロインの現在の姿に会いに行って彼女の気持ちを知っていくという流れもほんのり暖かい気持ちになれてよかったです。

 地獄に落ちてしまった主人公が地獄の世界の説明をされつつロックフェスのために地獄で部活動をするという。クライマックスでの音楽対決がこういう音楽対決に馴染みがない身からすると、何しているのかわからず退屈に感じてしまうクライマックスだったのが残念でした。ただギターやドラムやベースでわちゃわちゃしているだけに感じました。どうして勝ったのか負けたのかというロジックが伝わりにくかったです。それに主人公がメンターである長瀬智也さんが現世での相手に音楽を聞かせるという目的に変更されていたのも急すぎてちょっと戸惑いました。その後の天国の描写がディストピア的なもので笑えたのはよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2021/02/06 NETFLIX

監督宮藤官九郎 
脚本宮藤官九郎 
出演長瀬智也 
神木隆之介 
尾野真千子 
森川葵 
桐谷健太 
清野菜名 
古舘寛治 
皆川猿時 
古田新太 
宮沢りえ 
タイトルとURLをコピーしました