映画【ホワイト・バレット】感想

DVDorBD

●こんなお話

 病院に凶悪犯罪者が撃たれてやってきて、医師と警官と犯罪者と患者さんたちの思惑が入り乱れて、最終的にバトルロイヤルになっていく話。

●感想

 90分全編が病院内の限られた空間でのグランドホテル形式で話が展開して、頭を撃たれたインテリの犯罪者、警官を撃ったことをねつ造している刑事、医療ミスをしちゃったりして悩んでいる医者の三者の駆け引きが繰り広げられていきます。終始、静かに進行してジョニー・トー作品らしい銃撃戦は見られないのかな? と思っているところにクライマックスで見たことのないスロー&長回し風の銃撃戦にぶっ飛ばされました。CGとかも使ってると思いますが、手作り感のあるフレッシュで情報量がいっぱいの銃撃戦なので1度見ただけでは全部を把握できない新鮮な銃撃戦でそれが見られただけでも満足な1本でした。

 けれども香港映画らしい妙なバランスの映画でいろんな患者さんが出てきますが、主人公が手術して体が不自由になって主人公を恨んでいる患者さんが銃撃戦のさなか、階段から落下して起き上がって「歩けたー!」と喜ぶくだりとかギャグなのか何なのか戸惑いました。それに香港の集中治療室みたいなところって受付とか仕切りが全くないのかと不思議で、誰でもがいきなり入ってきてすぐに患者さんのところに凝れる状況なんだと香港の病院事情を知ることができました。それに病院内で起こることがやっぱりリアリティがなくて犯罪者が刑事たちを出し抜くハラハラドキドキなんかはほとんど感じられなかったです。

 とはいえ、主人公3人の駆け引きを楽しめる90分でした。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2017/04/25 DVD

監督ジョニー・トー 
脚本ヤウ・ナイホイ 
ラウ・ホーリョン 
マク・ティンシュー 
出演ルイス・クー 
ヴィッキー・チャオ 
ウォレス・チョン 
ラム・シュー 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました