映画【蜘蛛巣城】感想

DVDorBD

●こんなお話

 戦国時代の蜘蛛巣城を舞台に猛将の主人公が、蜘蛛の手の森という妖しい森で出会った老婆に蜘蛛巣城の城主になると予言される。その予言を知った主人公と奥さんが主君を殺し、親友を殺し。疑心暗鬼になりながらも予言通りに蜘蛛巣城の城主になるけど……な話。

●感想

 強風にはためく旗指物や妖しい森に能のような動きをする役者さんたちとおどろおどろしい雰囲気がいっぱいで怖い映画でした。
 侍大将として主君に忠誠を誓った武将が権力欲に憑りつかれて、裏切りを繰り返し、どんどんと泥沼にハマっていく。そしてクライマックスのハリネズミになってしまう主人公。今見てもかなりショッキングな弓矢の嵐が凄いです。
 そんなにやる気のない主人公に対して奥さんが無表情で冷酷に囁く姿の不気味さ。血が落ちないと手を洗い続ける怖さったらないです。

 豪華絢爛の大迫力のセットの中、主人公の三船敏郎さんの豪快なお芝居と能面の山田五十鈴さんのお芝居。舞台劇のような異質感に日本の土着感がビシビシ伝わってくる映像が素晴らしかったです。
 
 ちょっと序盤の森での老婆の出会いとかが冗長かな? と思わなくもないですが、因果応報ってこういうことなんだな、と勉強になる映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2014/04/02 DVD

監督黒澤明 
脚本小国英雄 
橋本忍 
菊島隆三 
黒澤明 
出演三船敏郎 
山田五十鈴 
千秋実 
志村喬 
久保明 
浪花千栄子 
佐々木孝丸 
太刀川洋一 
高堂国典 
富田仲次郎 
稲葉義男 
0
タイトルとURLをコピーしました