映画【日本沈没(2006)】感想

DVDorBD

●こんなお話

 あと1年で日本が沈没すっぞ、と。政府がてんやわんやすると同時に深海探索艇のパイロットとハイパーレスキュー隊員の女性の恋の話。

●感想

 冒頭から樋口監督お得意の迫力ある災害シーンで物凄いことになっていて興奮しました。もう日本が沈没すると冒頭で示され、そこから日本人が避難するのか。また対策が描かれていきます。それと同時に何も守るものがない主人公の青年と神戸の地震で愛する者を失って誰も愛することができなくなってしまったヒロインの恋。
 北海道大雪山系で大地震が起こり、阿蘇山の大噴火し熊本城が火山弾で破壊される。津波が起こり巻き込まれる。東京が水没する。京都も奈良も名古屋も仙台も日本の名所が沈没していき、日本列島の各地で火山が噴火して地震が起きる様子をすさまじい特撮で見せられていき、凄い苦しい気持ちになる迫力の映画で面白かったです。
  
 そして主人公は何を考えてるのかわからないような男だったけど、愛する者ができたこと守る者ができたことにより。自らの命を懸けて日本を救う奇跡にかけてみる行動。このクライマックスに涙を抑えるのに必死でした。
 ただ日本の大災害が描かれているのて3000万人だか死傷者が出てるのに主人公たちのパートになると結構平穏な街並みだったりして緊張感があまり感じられないのが痛かったです。もっとスピード感いっぱいに全部を深く描いてほしかったです。主人公の恋愛なんていつの間に発展していたのかわからなかったです。 それに2011年以降に見ると、やっぱり原発の存在がないのも違和感を覚えてしまう内容でした。

 政府の中心で活躍する大臣は女性、ハイパーレスキュー隊員も女性と今の日本を象徴する映画でよかったです。

☆☆☆

鑑賞日: 2014/01/25 DVD

監督樋口真嗣 
脚本加藤正人 
原作小松左京 
出演草なぎ剛 
柴咲コウ 
及川光博 
福田麻由子 
吉田日出子 
柄本明 
國村隼 
石坂浩二 
豊川悦司 
大地真央 
富野由悠季 
0
タイトルとURLをコピーしました