映画【007 私を愛したスパイ】感想(ネタバレ)

the-spy-who-loved-me
スポンサーリンク

●こんなお話

 潜水艦が消息を絶ったので、調査するボンドの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭のスキーのアクション。断崖絶壁から飛び降りる主人公、無音になって落ちる人を望遠でとらえてそのままユニオンジャックのパラシュートがドーン! と開いてオープニングクレジットという流れで一気に世界に引き込んでくれる素晴らしいスタートでした。

 米ソの潜水艦が消えたので007とソ連のスパイ、トリプルXが協力して事件にあたりますが。ボンドガールであるソ連のスパイが、毎回登場するごとにエロい恰好をしていてとても魅力的でした。
 旦那を主人公に殺されて、それが判明して仲たがいするという流れが後半にあったのに結局、ベッドを共にするというのは謎でしたが。

 悪役の殺し屋ジョーズのインパクトが凄くて、どんなにやられても復活するターミネーターのような男で出てくるだけで笑ってしまいます。人食いざめとの戦いなんかも最高でした。ワゴンを素手で破壊するなんて見た事ない映像でよかったです。

 スキー、カーチェイス、水中チェイス、銃撃戦、アクションシーンてんこもりでお腹いっぱいでした。時代が時代なため、格闘シーンなんかはのんびりムード。

 映画自体もどんなピンチになろうが、余裕な主人公でのんびりした内容ですがてんこ盛りのエンタテイメントで楽しめてよかったです。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/12/06 Blu-ray

監督ルイス・ギルバート 
脚本クリストファー・ウッド 
リチャード・メイバウム 
原作イアン・フレミング 
出演ロジャー・ムーア 
バーバラ・バック 
クルト・ユルゲンス 
リチャード・キール 
キャロライン・マンロー 
バーナード・リー 
ロイス・マックスウェル 
デズモンド・ルウェリン 
タイトルとURLをコピーしました