映画【エクスマキナ Ex Machina】感想

DVDorBD

●こんなお話

 世界戦争勃発後の中立都市でテロ事件が続発して一般市民を何かに操られたようになってテロに参加してるってんで、どうやら世間で流行している通信端末が原因だと探って世界を救おうとする話。

●感想

 冒頭から迫力あるアクションシーンが続いて上がる出だしでした。そして人間の主人公とサイボーグとバイオロイドの三角関係。主人公と彼氏さんとのイチャつきっぷりが最初から最後まで続くので見てて恥ずかしいです。
 アクションシーンの迫力はスゴくて、クライマックスで大量に襲い掛かる敵に協力して倒していく主人公たち。スローや音楽の使い方がここぞというときにバチーンと入ってテンションあがりました。

 ただアクションシーンが面白いだけにストーリーはよくある陰謀物で意外性もなんもないし、肝心の主人公に魅力があまりなくて特に葛藤なんかも描かれず。1番の問題を抱えているのはプリアレオスという彼氏さんで、彼が操られて暴走するという葛藤に襲われますが、見た目ロボットなので表情が伝わらないのが1番痛いです。
 世界平和のために世界の衛星を1つの国が統合するという会議が行われてそういう流れになりますが、当然陰謀があって、衛星が乗っ取られて……。というのもよくあるテロ事件でそんない面白くなかったです。

 独特の表現のアニメーションで好き嫌い別れそうですが、前作より綺麗になった映像は見てて個人的には楽しいアニメーションでした。

☆☆☆

鑑賞日:2008/10/28 DVD 2014/07/18 DVD

監督荒牧伸志 
脚本たけうちきよと 
原作士郎正宗
出演小林愛 
山寺宏一 
岸祐二 
沢城みゆき 
0
タイトルとURLをコピーしました