映画【ザ・プロム】感想

The Prom Netflix

●こんなお話

 1人の女子生徒が同性愛者だからプロムが開けないという保守的な学校で落ち目のミュージカルスターがその女子生徒をバックアップする話。

●感想

 冒頭からブロードウェイの煌びやかなネオンや豪勢な衣装の中を歌って踊ってというのを見せられてミュージカルの素晴らしさ楽しさに惹き込まれるツカミでした。

 スターたちは女子生徒のためではなく、良いことをしてそれをイメージアップ戦略のために使おうとするのが本音で動き始める。女子生徒も同性愛のためにクラスメイトたちからいじめられたりして居所がない。

 全編にわたって歌って踊ってそれを見てるだけで楽しい気持ちにさせてくれました。ただ、せっかく多様性の大切さやマイノリティの生きづらさを描いている作品だとは思いますが、全部の問題がさらっと解決していくのでそれでいいのだろうか? と疑問に感じてしまうところもあります。

 主人公のパートナーの女子生徒が校長である親にカミングアウトして拒絶されたあと、すぐにクライマックスのプロムが開かれて、さっき怒って出ていった母親がドレスアップして戻ってきて認める。という流れにしか見えないです。いじめっ子たちの学校のイケてる人たちも聖書のいいところだけしか認めていない読んでいないとショッピングモールで「何時の隣人を愛せよ」と歌われたら、この人たちもクライマックスのプロムで笑顔で参加してきたり。同性愛者のスターの1人も母親との和解もメリル・ストリープが「電話したの」の一言で母親が背後に立っていてお互い認め合うというのとか。人間ってそんな簡単に自分が信じる思想信条って変わるものだろうか? と終始感じてしまう130分でした。

 そしてやっぱりこういう着飾って歌って踊ってというのは西洋人がやるとめちゃくちゃかっこいいと再確認させてくれて、こういうプロムに絶対出たくないと自分がアメリカ人に生まれなくてよかったと感じる作品でした。

 それにしてもメリル・ストリープは一体何歳なんだ? という心配さを感じさせないダンスや恋愛ものも説得力あるように見せてしまうさすがの名女優っぷりでした。登場時間は短いながらもわずかな歌唱ダンスでインパクトを与えてくれるニコール・キッドマンもさすがのスターの映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/12/14 NETFLIX

監督ライアン・マーフィー 
脚本ボブ・マーティン 
チャド・ベグリン 
原案ジャック・ヴィアテル 
出演メリル・ストリープ 
ジェームズ・コーデン 
ニコール・キッドマン 
ケリー・ワシントン 
キーガン=マイケル・キー 
アンドリュー・ラネルズ 
アリアナ・デボース 
ジョー・エレン・ペルマン 
ローガン・ライリー・ハッセル 
ソフィア・デラー 
ニコ・グリーサム 
ナサニエル・ジェームズ・ポトヴィン 
タイトルとURLをコピーしました