ドラマ【マンダロリアン シーズン1】感想

The MandalorianDisney+
スポンサーリンク

●こんなお話

 マンダロリアンという戦闘民族の主人公が賞金稼ぎとしての仕事で出会った子供をみんなが狙うので守る話。

●感想

 キャラクターやストーリーや美術のすべてがスターウォーズ感が伝わってきて、小さい世界の小さい局地的な話ですが、毎話に主人公の仕事や子供を守るというわかりすい行動の動機が設定されて、それを乗り越えられるのかどうかというハラハラドキドキのアクション、冒険活劇として最高の8話でした。

 毎話いろんなミッションがあって、敵に囲まれてどう突破するのかなな西部劇があったり、農民を戦士たちが守るクロサワっぽい話があったりと全話楽しいです。

 キャラクターも魅力的で幼少期に襲われて家族を失ったらしい主人公がマンダロリアンとしての生きざまのかっこよさ、単純に主人公が使う武器のギミックのかっこよさ。火炎放射最高です。チャイルドのいい感じの時に使うフォース。そして使った後に疲れて寝ちゃう可愛さ。相棒として元反乱軍の兵士の女性もでかい銃を撃ちまくる姿もかっこよく、カール・ウェザースの信用していいのかダメなやつなのかわからない感。元奴隷の地元の農民でドロイドとか修理してナースドロイドに変えちゃうクイール、彼もラスト2話とか最高でした。賞金稼ぎのドロイドのくるくる身体を回しながら戦うギミックも楽しいですし、生まれ変わった後のナースドロイドとして赤ちゃんを守る熱さ。クライアントも怖いし、最後に出てくるモフ・ギデオンなるカタキ役もめちゃ怖かったです。

 シンプルな冒険活劇としての楽しさが詰まった全8話だったと思えるシーズンでした。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2021/10/02 Disney+

製作総指揮ジョン・ファブロー
デイブ・フィローニ
脚本ジョン・ファブロー
デイブ・フィローニ
原作ジョージ・ルーカス
出演ペドロ・パスカル
ジーナ・カラーノ
カール・ウェザース
ヴェルナー・ヘルツォーク
ニック・ノルティ
ジャンカルロ・エスポジート
オミッド・アブタヒ
ミン・ナ
タイカ・ワイティティ
タイトルとURLをコピーしました