映画【コードネーム U.N.C.L.E. 】感想(ネタバレ)

the-man-from-u-n-c-l-e
スポンサーリンク

●こんなお話

 アメリカとソ連のスパイが手を組んでナチスの残党が計画した核爆弾の計画を阻止する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭から色合いを落とした映像に価値観や考えの違う対極的な2人がぶつかりあいながら悪と戦うというバディものを期待してみる出だし。
 役者さんたちみなさん美男美女でカッコいいし、映像も音楽もスタイリッシュでカッコいいのだけど、全編退屈でした。

 バディとして2人がどのような葛藤を持っているのか? スパイ映画ならではのギミックとかもほとんどなく、そして謎解きとしての面白さもほとんど感じられなかったです。カタキ役たちがほとんど魅力的ではなくて、よくわからないイタリア人大富豪とクライマックスで戦ったりして、誰が一体なんのために戦うのかとか行動の動機が弱い気がします。

 実はあのときこーでしたあーでしたというのが出てきますが、それで「そうだったのか!」という驚きとかはほとんど感じられなくて、どういうこと? とストーリーを追いかけるより前の展開や行動を思い出すのに必死でだんだんとどうでもよくなっていきました。

 アメリカとソ連のスパイを手のひらで転がしてイギリス人が司令官になるというのは、作ってる人たちやその人種の方たちなら溜飲を下げる映画なのかなと思いながら見てました。

☆☆

鑑賞日: 2015/11/23 チネチッタ川崎

監督ガイ・リッチー 
脚本ガイ・リッチー 
ライオネル・ウィグラム
出演ヘンリー・カビル 
アーミー・ハマー 
アリシア・ヴィキャンデル 
エリザベス・デビッキ 
ジャレッド・ハリス 
ヒュー・グラント 

コメント

タイトルとURLをコピーしました