映画【レジェンド・オブ・ドラゴン 鉄仮面と龍の秘宝】感想(ネタバレ)

THE IRON MASK
スポンサーリンク

●こんなお話

 中国の女王が魔女だってんで、ロシア皇帝や本物の女王が戦う話。

●感想

 冒頭で兵馬俑みたいな人形で中国のドラゴンやお茶を巡るナレーションでの世界観の説明が入ります。ここから世界観の説明に必死にくらいつかないといけない一気の説明でした。

 イギリスの刑務所にジャッキー・チェンとアイアンマスクをかぶったロシア人がいる。シュワルツェネッガーが刑務所長という。伝書鳩が来て、前作の主人公の地図学者がロシアの皇帝からロシアの地図を作るように言われたけど、皇帝に会いに行ったら偽物がいて本人がいないことに気付いたら何者かに捕まってしまう。伝書鳩相手の主人公の奥さんが旦那のピンチに父親の力を使って主人公を解放してもらう。そのとき一緒に解放するように中国の少年も連れていくことに。しかもこの少年が刺客とかに襲われてめちゃ強い。そんな流れを手紙で知るロンドンのジャッキーとロシア人アイアンマスク、その中国の少年は実は少女でジャッキーの娘で、ロシア人アイアンマスクは本当のロシア皇帝で主人公と友人。主人公の奥さんも刑務所にやってきて、脱獄することに。

 ここでこの映画1番の見せ場であるジャッキーとシュワルツェネッガーが直接対決というアクション映画史としても事件のような見せ場があって盛り上がりました。しかもこのシーン結構長いです。本筋と一切関係のない見せ場でした。

 本筋は中国の女王が魔女が仮面をかぶって支配していて、主人公の相棒の少女が本当の女王。ってことでレジスタンスな仲間たちと女王と戦うことに。そこにロシア皇帝と主人公の奥さんや海賊たちも加わり、主人公も女王に捕まったりして、みんなが集まってくる。

 敵の武闘派たちのギミックが面白くて、騒音で攻撃する者や超怪力や電気攻撃などを行う家臣たちのスチームっぷりが楽しいです。

 あとは基本、女王の城に乗り込んでいって戦うという。何やら女王のしるしを持ってればドラゴンの力を手に入れられるということで魔女が印を狙ってきたり、レジスタンスは傘をグライダーみたいにして空からお城を攻めたり。クライマックスは女王が同じ顔の4人で戦うという、1人の女優さんが4人出てきて戦って頑張ってました。

 ジャッキーとシュワルツェネッガーが全く関係のなく直接対決が面白いのに、顔見世興行的なキャスティングでよかったのかという悲しさもありました。そして、2人が最後にまた出てきて「ドラゴンは山や海や空にいる」と見上げて終わるというのをどういう気持ちで見ればいいのかわからなかったです。

 そして言っても詮無いことだと思いますが、中国人とロシア人が英語でコミュニケーションをとっているのを呆然と見てしまうところもありました。

 とはいえ派手な見せ場がいっぱいで楽しいファンタジー映画ではありました。

☆☆☆

鑑賞日:2022/01/23 DVD

監督オレッグ・ステプチェンコ 
脚本アレクセイ・ペトルキン 
オレッグ・ステプチェンコ 
ドミトリー・パルツェフ 
出演ジェイソン・フレミング 
アーノルド・シュワルツェネッガー 
ジャッキー・チェン 
アナ・チュリナ
ルトガー・ハウアー
チャールズ・ダンス
マーティン・クレバ
クリストファー・フェアバンク
イゴール・ジジキン
タイトルとURLをコピーしました