映画【226】感想

THE FOUR DAYS OF SNOW AND BLOOD DVDorBD

●こんなお話

 政府要人を襲撃した軍人たちの226事件の話。

●感想

 映画が始まってすぐ、二・二六事件が描かれて次々に暗殺されていくシークエンスが30分近くあって。なかなかの衝撃度で、緊張感いっぱいでした。

 ところが、たくさんの登場人物が出てきますが誰か一人に主軸をおいてくれればどうして青年将校が事件を起こすに至って。どれだけの熱い思いをもって行動したのかがわかると思いますが。この映画をみてる限り、事件を起こした→しだいに追い詰められて投降するという流れなので。一体、青年将校たちは何がしたかったのかがよくわかりにくく、二・二六事件を知っている人でないと楽しめないと思いました。

 それに途中と最後に入る、青年将校たちの家族の回想のカットバックが唐突かつ事件とはあまり関係ないもので。いきなりの場面の切り替えに戸惑いました。

 とはいえ、2度と実現できないような豪華キャストですごいですし。昭和史を勉強できる映画だと思いました。

☆☆☆

鑑賞日:2011/06/30 DVD

監督五社英雄 
監修河野司 
脚本笠原和夫 
原作笠原和夫 
出演芦田伸介 
新克利 
有森也実 
石橋保 
うじきつよし 
梅宮辰夫 
大和田伸也 
沖田さとし 
小野寺昭 
賀来千香子 
ガッツ石松 
勝野洋 
加藤武 
加藤昌也 
金子信雄 
川谷拓三 
久我美子 
日下武史 
坂田明 
佐野史郎 
三遊亭小遊三 
鈴木瑞穂 
関口誠人 
高部知子 
高松英郎 
高峰三枝子 
宅麻伸 
竹中直人 
田村高廣 
丹波哲郎 
鶴見辰吾 
仲代達矢 
長門裕之 
名取裕子 
根津甚八 
萩原健一 
藤岡重慶 
藤谷美和子 
松方弘樹 
三浦友和 
三上寛 
南果歩 
もたいまさこ 
本木雅弘 
安田成美 
八千草薫 
隆大介 
渡瀬恒彦 
0
タイトルとURLをコピーしました