映画【座頭市鉄火旅】感想

DVDorBD

●こんなお話

 座頭市の仕込み杖が「残り1人斬ったら折れる」となっちゃって、それを機にカタギの世界に戻ろうとするけど案の定それは許されない方向に行く話。

●感想

 座頭市の武器である仕込み杖があと1人しか斬れないというカセが提示されて、どうやって戦うのかという面白さで引っ張る構成なのが座頭市シリーズでは珍しく面白い設定でした。夢の中で斬られる座頭市という面白い映像も見られます。
 いつも通り悪徳親分をやっつける展開ですが、ニュー仕込杖でスピード感いっぱいで敵をやっつけるクライマックスはカッコよくてプログラムピクチャーでこのくらいのクオリティなのが良い時代だなぁと羨ましい気持ちで見てました。

 座頭市の仕込み杖を作った刀匠の弟子に仕込み杖を預けて、平和に暮らそうとするけどお世話になる場所で悪い親分たちが座頭市がお世話になる人たちを困らせるんで座頭市、仕込み杖がないのにどうやって戦うのか? という面白さ。
 そしてクライマックスでありえないスピードで動く主人公という面白いエンタメでした。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/01/27 DVD

監督安田公義 
脚色笠原良三 
原作子母沢寛 
出演勝新太郎 
藤村志保 
青山良彦 
藤田まこと 
水前寺清子 
東野英治郎 
0
タイトルとURLをコピーしました