映画【バンク・ジョブ】感想

Netflix

●こんなお話

 王室スキャンダルとか汚職警官の証拠を巡って銀行強盗が命を狙われる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 ヒロインに銀行強盗の計画を言われて人生一発逆転を狙いたいと主人公が計画に参加を決めて仲間を集めて決行。という流れが映画の中盤までで結構早く計画が成功していくのでスピード感があってよかったです。しかも計画っても行き当たりばったりでドリルで穴をあけて隣からクレームが来たりしても騒音関係なく再びドリルを使ったり、銀行まで穴がたどり着いても「とりあえず寝よう」とすぐに盗み出さずに寝ちゃったりして結構のんびりしていました。 

 強盗が成功してそこから王室スキャンダルだったり汚職警官だったり弱みを握られた権力者たちから命を狙われてその危機をどうやって突破していくのかという流れになっていきます。 

 素人銀行にポルノの帝王、汚職警官に諜報機関の4つどもえの争いをいいあんばいでわかりやすく整理されていて110分退屈せずに見ることができました。

☆☆☆

鑑賞日: 2018/02/06 NETFLIX

監督ロジャー・ドナルドソン 
脚本ディック・クレメント 
イアン・ラ・フレネ 
出演ジェイソン・ステイサム 
サフロン・バロウズ 
リチャード・リンターン
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました