映画【アベンジャーズ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 マーベルヒーローたちが集結して地球を守る話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 当然ですが、ヒーローたち単独の映画を見ておかないと何が何だかわからないいちげんさんお断りの映画になっていました。それでいて映画の序盤から中盤の途中までは仲間集めに始まり、それぞれの紹介がすべて会話シーンで、しかも過去の作品を見ている自分でも「その会話の意味って何だっけ?」と説明台詞での説明でしかないため、かなり退屈でした。お祭り映画なのですから、アクションシーンだったりをバンバン見せてそれでキャラクターの説明をしてほしかったです。しかも序盤なんかでも本当に必要なの? というシーンもあったりしてもっと短くしてもよかったのではないかと思ってしまいます。

 その分、クライマックスの戦争シーンはみんなが集まって暴れるだけで興奮するもので素晴らしい出来だとは思いますが。ただ、何の戦略戦術もなく暴れるだけで、ヒーローたちに何の考えもないのが、アクションシーンとして盛り上がりに欠け、情けなさが出ていました。そりゃジリ貧にだろうなと思っていると「キリがないわ」とやられはじめるヒーローたち。

 1番よくなかったのは、だらだらと会話シーンが続くのにそれでキャラクターを描ききれていないと思いました。それぞれが何のために戦うのかよくわからなかったです。悪役ロキとソーの会話なんて何の話をしているのかわからないし、ハルクがキレるきっかけなんかもわからず。なぜか原チャリで現場にやってくる。ブラック・ウィドウとホークアイに過去になんかあったらしいのですが、これまた会話での説明しかないし。ロキがそこらへんを軽く語るシーンがありましたが、それも原作に思い入れがないとわかりにくかったです。

 ヒーローたちが使う空飛ぶ航空母艦も最初はミラーで見えなくなってたのに、普通に敵に発見されて簡単に撃墜されるピンチに陥り、設定の意味がわからない場面なんかもありました。

 せっかくのお祭り映画なのに、アイアンマンは何のためキャプテンは何のためソーは何のため。と一気に説明してしまって、一気に悪役と対決する軸にもっていってもらいたかったですが。喧嘩する意味や共闘する意味を描けているのかと思えば、気づいたら喧嘩して共闘しているので恐ろしく退屈な映画に仕上がっていました。

 1番面白かったのは、エピローグのラストシーンでした。全く会話に華が咲いていないヒーローたちがよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2012/08/19 Blu-ray

監督ジョス・ウェドン 
脚本ジョス・ウェドン 
出演ロバート・ダウニー・Jr. 
クリス・エヴァンス 
マーク・ラファロ 
クリス・ヘムズワース 
スカーレット・ヨハンソン 
ジェレミー・レナー 
トム・ヒドルストン 
クラーク・グレッグ 
ステラン・スカルスガルド 
サミュエル・L・ジャクソン 
0
タイトルとURLをコピーしました