映画【アトミック・カフェ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 核についてのニュース映像とか教育映像とかを繋いで当時の教育の恐ろしさがわかってくるドキュメンタリー。

●感想

 ナレーションがなく当時のニュース映像とかをひたすら繋いでいって、いかに核について間違った知識や嘘を平気でついて国民を騙していく怖さが見ていて恐ろしいドキュメンタリーでした。

 太平洋戦争で核を使用して戦争が終わって、冷戦に突入していく時代にエノラ・ゲイの乗組員の証言やソ連に核技術を流したとされる夫婦などは初めて見ることが出来て興味深く見ることができました。

 カメのキャラクターが子どもたちに原爆の閃光が見えたら頭を隠せば大丈夫、や。原爆で放射能は無味無臭で何も感じないから怖くないと兵隊たちに教える上官などいかにいい加減なことを教えている国なのかと愕然とする内容でした。また実験の為に現地民を退去させたりする無茶苦茶なことをしているのもアメリカ政府の暴走っぷりも見ることができました。

 原爆投下後の広島や第五福竜丸の映像など日本人として辛いところもあってよかったです。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2019/07/28 DVD

監督ケヴィン・ラファティ 
ジェーン・ローダー 
ピアース・ラファティ
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました