映画【テケテケ2】感想

DVDorBD

●こんなお話

 やっぱりテケテケに襲われる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公はこれまた女子高生。テケテケの噂はあるけど、それどころよりいじめ問題が深刻。
 序盤から中盤までは、結構酷いいじめが繰り広げられます。女子高怖いです。すると、主人公の1人がいじめに悩んでテケテケを操るような展開。そしていじめっ子たちにリベンジ。
 
 ここから、前作の「赤いものをつけてると襲ってくる」というルールは無視され、バーリトゥードと化します。一体、前作は何だったのか? 一応、テケテケの正体を捜査したりもしますが。
 メインは、可愛い女子高生たちが文字通り出血大サービスで上半身と下半身が分断されていくという。いろんな分断のされ方でバラエティに富んでいて面白かったです。

 もはやモンスターアクションとなるクライマックス。登場人物のほとんどが殺されていていくという勢いが楽しんでみることができました。

☆☆

鑑賞日: 2013/04/02 DVD

監督白石晃士 
脚本秋本健樹 
出演岩田さゆり 
仲村みう 
長宗我部陽子 
松島初音 
真知りさ 
山本彩乃 
さゆみ 
朝倉みかん 
安藤成子 
天野沙織里 
水木薫 
つじしんめい 
大島優子 
螢雪次朗 
阿部進之介 
0
タイトルとURLをコピーしました