映画【テケテケ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 テケテケという音を立てながらアタックしてくるモンスター的なのに襲われる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公の大島優子さん演じる女子高生の間で「テケテケ」という幽霊? モンスター? のようなクリーチャーに友だちが襲われて、テケテケを目撃してしまったため、残り何日かで殺されてしまうということがわかる。
 いとこの山崎真実さん演じるお姉さんと一緒にテケテケのお墓が壊れているらしいと。それを直せば大丈夫じゃないか? というよくわからない理論ですが、とにかくお墓探しだと。
 途中、草食男子みたいな青年の協力でお墓探しをしますが、この作品で面白いのはこの主人公姉妹が聞き間違い勘違いで、結構ミスを繰り返すという。そのたびに青年に電話で協力を求めるという。そのときに自分たちのミスのくせに、山崎真実さんはめちゃくちゃ口が悪いのが笑えました。
 線路があるはず場所なのになくて、青年に電話して「枕木ひとつねえよ、ボケぇ」という映画史に残る名台詞だと思いました。大島さんは大島さんで、結構凡ミスを繰り返して自ら制限時間ギリギリの演出をしてくれます。

 そして「テケテケ」は赤いものに襲い掛かってくるらしいというのがわかります。けれども……な展開。上半身と下半身が切断されるというのはなかなかショッキングでよかったです。

☆☆☆

鑑賞日: 2013/04/02 DVD

監督白石晃士 
脚本秋本健樹 
出演大島優子 
山崎真実 
西田麻衣 
一慶 
水木薫 
沢柳廸子 
つじしんめい 
阿部進之介 
螢雪次朗 
長宗我部陽子 
小島可奈子 
0
タイトルとURLをコピーしました