映画【T-34レジェンド・オブ・ウォー】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ドイツ軍に捕まった捕虜が演習のときに戦車で脱走を図る話。

●感想

 戦車戦を派手な見せ場を満載にした映画というのがあまり見たことがなく、戦車が走って撃ちまくって…という映像を見たことがないのでそれだけでおなか一杯の映画でした。それでいてハリウッド映画的なドイツ軍とのライバルとの戦いや荒くれ者の仲間たちやロマンスなどエンタメ映画として楽しかったです。

 序盤から侵攻するドイツ軍とそれを阻止する主人公のロシア軍との攻防があってそこからスローとCGを多用した戦いで熱くなりました。その後、捕虜となった主人公が生きた標的とされるための演習に参加させられて、DIY精神でソ連の戦車を修理して使えるようにして脱出、そして追いかけっこと次から次に展開していって、描き方によっては悲惨な映画になりそうですが、エンタメによっていて終始楽しい追いかけっこでした。

 ただほとんどの戦いがスローがあって、それが最初はかっこよく見ていましたが、だんだんと同じ手法に飽きていってしまう見せ方でした。

 とはいえ、戦車戦をじっくりと見ることができて面白い映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2020/05/16 DVD

監督アレクセイ・シドロフ 
脚本アレクセイ・シドロフ
出演アレクサンドル・ペトロフ 
イリーナ・ストラシェンバウム 
ビツェンツ・キーファー 
ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ 
アントン・ボグダノフ 
ユーリイ・ボリソフ 
0
タイトルとURLをコピーしました