映画【スーサイド・スクワッド】感想

DVDorBD

●こんなお話

 バットマンとかに捕まった囚人たちが魔女と戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 自殺部隊のメンバーとなる人物が多すぎて、しかも全員が薄味になってしまっているので、ただただキャラクターを楽しむだけの映画になってしまっていると思いました。しかもキャラクターに思い入れがないと楽しめない作りでした。そのためストーリーは退屈だし、キャラクターたちがカッコよく決めても特にエモーションが動かされることがなかったです。 

 序盤でメインどころのキャラクターの背景が説明されて、首に爆弾を仕掛けられて強制的にある作戦につくことになる。ここのセットアップから退屈でウィル・スミスとか単純に仕事が殺し屋というだけで普通にいつも良いウィル・スミスだし、人気キャラのジョーカーが登場しますが、彼は本筋には全く関係ないところで騒いでるだけにしか見えなかったです。まるごとカットしてもストーリーに影響ないと思いました。荒くれ者たちが集められて作戦に参加する。というある程度面白いことが保障された設定であるのにも関わらず、いきなり出てきてどういう気持ちで参加しているのかとか描かれない中でドンパチが始まるのでついていけないのだと思いました。 

 しかも主人公たちも相手が誰であるのかとか救出するのが誰なのかわからず、主人公たちと一緒にのちに説明されていく構成なので、ブヨブヨ人間たちといきなり戦っても彼らが強いのか弱いのかよくわからず、しかも銃で戦う人、刀で戦う人、バットやブーメランで戦う人もいれば炎とか超能力の人もいたりして強さのバランスがわからなかったです。敵も強そうだけど、普通に銃とか爆弾で吹き飛ばされるんだとか気になっちゃいました。ドローンのミサイルとかでやっつけられそうでした。 

 彼らが何のために戦うのかがわからないので、カタナとかいきなり護衛役として登場するけど、クライマックス前で主人公たちがバーで語らう場所にも普通に後ろにいたりと何がしたいのだろう?  とか雑念ばかりでした。 

 アクション映画として肝心のアクションシーンも暗い中で騒いでいるだけなので、見えにくいし、クライマックスはピカピカ光る中で戦っていて、しかも変身するキャラクターがいたりして一体何をしているのだろう? とポカンとしながら見てました。そもそも魔女って誰? 最初に魔女を見つけなけばよかったのかな? バットマンはどこにいるのかな? そして1番悪いのはおばちゃん司令官なんだな、完全におばちゃん司令官殺されてるかと思ったら普通に再登場したのは何でかな? とちょっと何も考えずに楽しめるアクション映画ではなかったのが残念な作品でした。 

☆☆

鑑賞日: 2016/09/12 TOHOシネマズ川崎  2017/03/25 Blu-ray

監督デヴィッド・エアー 
脚本デヴィッド・エアー
出演ウィル・スミス 
ジャレッド・レト 
マーゴット・ロビー 
ジョエル・キナマン 
ジェイ・コートニー 
スコット・イーストウッド 
福原カレン 
アダム・ビーチ 
ベン・アフレック 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました