映画【影の軍団 服部半蔵】感想

kagenogundanU-NEXT
スポンサーリンク

●こんなお話

 3代将軍家光亡き後の権力争いの忍者たちの話。

●感想

 影の中にぎらついた照明の中、1つの画面に大勢の忍者たちが動き回って戦うというのが見どころでした。中でもカタキ役である緒形拳さん演じる甲賀忍者がインパクト大で初登場が「りん・ぴょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん」と唱えながら真っ黒い石膏みたいなものを破って登場するのは一体何なんだという。あのヴィジュアルの意味を延々と考えてしまいました。お坊さんにもなって催眠術で相手方を動かしてしまう無敵のキャラクターでした。

 そしてこの映画の特徴である主人公たちが先手を打って相手側の大名を襲うとするときに甲賀忍者たちとアメフトのフォーメーションで戦うという。ヘルメットとかもしてました。その戦い方も一体何の意味があるのだろう? と禅問答のように見てしまう戦術でした。

 主人公の甲賀忍者は上の半蔵、下の半蔵という2人がいて。1人は盗賊みたいな生活であまり野心がなく。1人は幕府に取り入って出世して服部家の再興を目指そうという。

 敵も味方も同じ黒装束なので判断つきにくく、中盤のアメフトもクライマックスの城内での乱戦もどちがどっちかで何がおこってるのかわからないので、盛り上がりに欠けるクライマックスでした。主人公サイドが誘拐された幼い将軍を助けようとして前日に仕込んでおいた梁を外すとお城全体が崩壊するという凄い作戦もトンデモ度ばかりが気になる戦いで残念です。

 主人公が甲賀の棟梁の娘をレイプして身ごもらせてしまって「おれの妻だ」というのとかも江戸時代当時の価値観なのか驚きの主人公の倫理観で、その女性も自らのお腹に岩を叩きつけるという行動が驚きでした。

 ストーリーとして正直面白さが感じられず、謀略を尽くして仁義なき戦いをするというものでもなく緊張感がない130分なので残念でした。

☆☆

鑑賞日:

監督工藤栄一 
脚本高田宏治 
志村正浩 
山田隆之 
出演西郷輝彦 
渡瀬恒彦 
山村聡 
三浦洋一 
成田三樹夫 
緒形拳 
森下愛子 
原田エミ 
蟹江敬三 
タイトルとURLをコピーしました