映画【ドラゴンxマッハ!】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 臓器売買組織に挑むタイの看守と香港の潜入捜査官の戦いの話。

●感想

 バリエーションに富んだアクションシーンをこれでもかと見せてくれて大満足の1本でした。この時代になってなお斬新で新鮮な格闘が見られて楽しかったです。

 冒頭から妊婦さんが誘拐されて殺されちゃうというテンションだだ下がりのスタートで、タイの刑務所で所長を始め何やら悪いことをしているらしいと感じてはいるけど、白血病の娘をもつ主人公は賄賂をもらっていて見て見ぬふりをしている。香港の潜入捜査官がタイの刑務所にいて、というのが回想で描かれてなぜここに至ったのかが説明されて。

 香港の潜入捜査官は人身売買組織に潜り込んでいて、組織のボスは心臓を移植しないと余命いくばくもないので適合する弟を誘拐しようとするけど、弟も何とか逃げようとして、空港での組織VS警護人VS警察の三つ巴の銃撃戦もフレッシュでした。その銃撃戦で潜入捜査がバレてしまって、捜査官がタイの刑務所に送られてしまって。

 そして刑務所での暴動でのアクションも長回しで大勢の人間が動いてのアクションシーンもいったいどうやって撮影しているのか気になってしまうものでした。

 カタキ役たちも魅力的でめちゃ強い刑務所長やまゆなしナイフ使いがめっちゃ強くてクライマックスではアクション映画史に残る戦いを披露してくれました。

 タイ人の白血病の娘さんと適合している潜入捜査官が出会うのが偶然過ぎたり、何度見てもクライマックスで街を彷徨う娘さんの前に現れるオオカミの意味がよくわからなかったり、潜入捜査官の移植が3年はできないと言われていて、娘さんの余命いくばくもないという話だったのに、しれっと成長してたのはなんでなんだろう? と気になるところもいっぱいありましたが、飽きずに見られる120分のアクション映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2017/07/10 Blu-ray

監督ソイ・チェン
出演トニー・ジャー 
ウー・ジン 
サイモン・ヤム 
ルイス・クー 
マックス・チャン 

コメント

タイトルとURLをコピーしました