映画【主戦場】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 従軍慰安婦問題について右と左の意見を聞きつつ、最終的にシンゾーアベ率いる日本会議の陰謀がうごめいているニッポンの話。

●感想

 冒頭から早口でスピード感いっぱいで進行して、日韓でなかなか解決しない慰安婦問題について右側左側の意見を交互に見せていってくれます。

 一見すると公平に描いているように見えますが、明らかに右側の人たちの意見がおかしいというのを見せていってぶった切る構成になっていて、監督の主張がしっかりと入っていました。ドキュメンタリーとは本来そういうものでプロパガンダ的な要素やノンフィクションではなく演出も入っていると思いまますが、そういった主義主張を抜きにして、単純にエンタメとして面白く見ることのできるドキュメンタリーでした。

 顔のアップや背景のデザインだったりアニメの挿入に音楽の使い方とかいろんなスタッフさんが入って作られているのではないかという凝ったつくりで120分飽きずに見ることが出来て面白かったです。それによく右側の人たちをここまでカメラの前で話させることができたなというスタッフさんたちがどうやって接触したのか気になるくらいのすらすらと話を聞きだしているのに驚きの映画でした。

 慰安婦という問題があるのは知っているけど、あまり詳しくない自分から見ると。初めて右側の人たちの主張をしっかりと聞くことができてそれだけでもタメになる映画でした。それでいてこの映画だけ見ると彼らの言っていることが無茶苦茶なのがより際立って見られるつくりになっていました。かと思えば、人権派的な弁護士さんや法学者さんたちが言っていることも微妙におかしい点があったりするのもおかしかったです。

 いろんな人たちが出てきて、最終的に悪の組織的に日本会議が出てきて、彼らすべてに繋がっているラスボス感いっぱいの人まで登場して、その人が無茶苦茶な知識のなさっぷりを発揮する演出とか悪意があって笑えました。

 このテーマで映画を作ってヒットさせてしまうという情熱が凄い映画で、出演した右側の人たちが訴えるとかということにもなっていますが、彼らも彼らの主張が詰まったドキュメンタリーを作ってかつ面白いつくりでかつ【主戦場】以上にヒットさせる作品を作ればいいのにと思う映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2019/07/08 シアター・イメージフォーラム

監督ミキ・デザキ 
脚本ミキ・デザキ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました