映画【戦国自衛隊1549】感想(ネタバレ)

Sengoku jieitai 1549
スポンサーリンク

●こんなお話

 ソーラーマキシマムだかっていう計画で自衛隊が戦国時代にタイムスリップしちゃって、レスキューするために自衛隊がまたタイムスリップして戦国時代に行くけど。先に行った自衛隊が攻撃してきて……な話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭から自衛隊協力の自衛隊の装備がバンバカ出てきてカッコいいです。更に迫力ある特撮もプラスして盛り上がる冒頭でした。
 けれどもそこから自衛隊を辞めた主人公をアドバイザーとしてチームに加えようと自衛官がやってきますが、断る主人公。このやりとりいる? と思ってしまいます。状況を説明する自衛官、主人公が「○○?」と用語を繰り返す。そしてよくわからない理由で断る。けど結局参加するのはわかってるんだから、早く首を縦に触れと思ってしまいます。
 ほいで、いざ戦国時代へタイムスリップしますが。戦国時代の物量VS近代兵器という戦いは一切なくて、チマチマ戦うだけなので不完全燃焼でした。

 【エイリアン2】のような展開になりあっという間に降伏してしまう主人公たち。そこでカタキ役の織田信長とあーだこーだやりとりしますが、ここら辺も理屈が続くので退屈でした。
 SFでタイムスリップという大嘘をついているので、他のディテールをリアルにする必要はあると思いますが。ストーリーとは関係のない所での説明が多いのが退屈の理由だと思いました。
 それでいて、戦国時代の人たちは現代人を恐れないし。ライトを照らすだけでも驚くと思いますが、特に恐れずに向かってきます。

 もう少しがっぷりよつの合戦シーンを見たかった映画でした。

☆☆

鑑賞日:2014/03/10 Hulu

監督手塚昌明 
脚色竹内清人 
松浦靖 
原作福井晴敏 
出演江口洋介 
鈴木京香 
鹿賀丈史 
北村一輝 
綾瀬はるか 
伊武雅刀 
中尾明慶 
タイトルとURLをコピーしました