映画【プライベート・ライアン】感想

Saving Private Ryan DVDorBlu-ray

●こんなお話

 兄弟全員戦死したので唯一生きているライアン二等兵を救出する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 やっぱり冒頭のノルマンディ上陸作戦のド迫力の映像は素晴らしくて、息つく暇もない戦場の容赦のない描写が最高の戦闘シーンでした。

 そして兄弟が亡くなった二等兵を救出するために主人公たちの小隊が1人のためにみんなの命を懸ける意味があるのかという疑問を持ちながらもパラシュート部隊で降下した場所を目指していく。

 3時間近い上映時間ですが、シーン数自体は短くて1つ1つの密度が濃いのが特徴の1本だと思いました。冒頭のノルマンディ上陸作戦やクライマックスの戦闘など見せ場がどっぷりとあってヘビーな内容であっという間でした。ライアン二等兵が何者なのかというのを探るたびにド迫力の戦闘があって、次の謎が解かれて…の繰り返しで飽きることのない構成もよかったです。

 キャラクターも魅力的で主人公の大尉が過去に何をやっていたのか、大尉の古女房の軍曹、ニューヨーカーで大尉に刃向うバーンズ、ユダヤ人のメリッシュ、軍医のウェイド、優しいカパーゾ、狙撃手のジャクソン、実戦経験のないアパム。みんな素晴らしい魅力あふれるキャラクターでした。

 最初におじいさんが思い出してオマハビーチの戦闘になるので、そのおじいさんの回想かな? と思っていると違って、誰の回想なんだろうと思ってしまうところもありましたが。容赦のない戦争というのが見られて怖い怖い映画でした。 

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2010/09/18 Blu-ray 2021/05/07 NETFLIX

監督スティーヴン・スピルバーグ 
脚本ロバート・ロダット 
出演トム・ハンクス 
トム・サイズモア 
エドワード・バーンズ 
バリー・ペッパー 
アダム・ゴールドバーグ 
ヴィン・ディーゼル 
ジョヴァンニ・リビシ 
ジェレミー・デイヴィス 
マット・デイモン 
テッド・ダンソン 
ポール・ジアマッティ 
タイトルとURLをコピーしました