映画【三国志 第一部・英雄たちの夜明け】感想

sangokushi01 Amazonプライム

●こんなお話

 後漢朝末期の乱世で国を憂いていろんな人たちが天下統一を目指す話。

●感想

 黄巾族が暴れまわって、そこに若者の劉備玄徳が関羽と張飛と出会って桃園の誓いをして曹操も権力を握っていってと三国志のメジャーな出来事を一通り網羅できる内容となっていて、第一部だけで130分という長いアニメーションですが、なかなかの大作で凄いです。わかやすさ重視で見やすいと思いました。

 劉備玄徳が義勇軍として黄巾の乱を治めるために頑張るところから、曹操との出会い。董卓が帝のそばについて権力を握る。董卓征伐のために連合軍が集まって戦って、結局烏合の衆のために解散して、豪傑の呂布が暴れまわって行くところがなくなって、敵であった劉備のもとへ来たり。それが原因で曹操と対立してしまって、さらに留守となった劉備の城を呂布がうんぬんかんぬん。と次から次にパワーゲームが転がっていきます。声優さんたちも迫力ある役者さんたちが揃っていて声を聴いてるだけでかっこよかったです。

 個人的には曹操に反逆して呂布と一緒に陳宮がかっこよくて、捕まって命乞いせずに堂々としている姿がよかったです。そこでの狼狽する曹操の演出も主観になっておろおろするのとかも見どころでした。張遼と関羽の武人として認め合う姿もかっこいいです。

 130分の間にどれだけ死人が出るんだというくらい殺し合いをしていて、見ていると悲しくなっていく中国の歴史であり、エンディングの実写を見ると中国の悠久の自然や建造物を見ると余計に人間たちの権力争いが虚しくなる内容でした。

 ただ大河ドラマのため仕方ないですが、なかなかのダイジェストも感じてしまってめちゃくちゃ高速で登場人物が現れて去っていくような駆け足に思える作品でもありました。

☆☆☆☆

鑑賞日:2020/12/25 Amazonプライム・ビデオ

監督勝間田具治 
監修舛田利雄 
脚本笠原和夫 
出演(声)渡哲也 
あおい輝彦 
青野武 
石田太郎 
津嘉山正種 
潘恵子 
中西妙子 
滝口順平 
家弓家正 
中田浩二 
矢田耕司 
吉田理保子 
宮内幸平 
野田圭一 
金内吉男 
タイトルとURLをコピーしました