映画【三度目の殺人】感想

DVDorBD

●こんなお話

 役所広司さんのお芝居の格の違いがわかる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 殺人事件が起こって、加害者の役所広司さんは自白していてその担当になった弁護士さんが翻弄されていくという。 

 弁護士さんって刑事ドラマの刑事さんみたいに事件の関係者に会って話を聞きこみにいくんだと知ることのできる序盤で事件のあらましがわかって加害者被害者の紹介が静かに描かれていきました。 

 役者さんたちみなさん素晴らしくて、「そして父になる」と同じようなどこか高圧的で余裕な態度の福山雅治さんもよかったですし、同僚の吉田鋼太郎さんや満島真之介さんもばっちりとハマっていました。弁護士事務所の女性もよかったです。被害者の娘さんの広瀬すずさんも最高でした。そしてなんといっても役所さんの普通のおじさんのときかと思いきやとぼけたりかと思いきや一転して病んだような表情になったりと主人公の弁護士と一緒にスクリーンのこちら側を飲み込んでしまう迫力が凄かったです。どうやってあの役を演出してそしてお芝居しているのか裏側を知りたくなりました。ただ斉藤由貴さんが現実世界の騒ぎと重なってしまって「この人が1番嘘をついている」と映画の外側の情報によって笑ってしまうという本当に迷惑なことをしてしまっていると思いました。 

 裁判官、検事、弁護士と被告の証言とかを無視してお互いの落としどころを忖度してシステマチックに裁判を進めていって簡単に極刑まで行ってしまう怖さなんかもよかったです。 

 役所さんが相手の情報を知らないはずのところまで知ることができる超能力者的な振りがあったりタイトルの3度目の殺人の意味はなんだろう? 印象的に出てくる十字、5羽のカナリアの話、役所さんの過去に何があったのか? 広瀬すずさんの証言の信ぴょう性、いろいろ謎が謎を呼んで賛否がわかれそうな作風でした。 

 言葉にしなくても相手の気持ちを理解する役所さんがガラス越しに弁護士の手に触れるシーンがあって、その後広瀬すずさんが実の父親に虐待を受けているうんぬんの話になった時に主人公がその被害の話を聞きますが、それは最初実の父親のことを聞いてるのかと思いましたが、それは役所さんとの肉体関係を聞いていて、相手に触れればその人の気持ちを受け止めてしまうということを話していたのではないかと個人的には思いました。「グリーンマイル」的なファンタジーになるのかと思いきや、人が人を裁くこととかだったり日本の法曹界をのぞかせてくれたりする変わった作風でした。 

 そして被告人は裁判のときはスウェットとかジャージなのかな? と思ってたら、タートルネックにジャケットを着て裁判に出られるんだと勉強になる映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/09/27 TOHOシネマズ川崎

監督是枝裕和 
脚本是枝裕和
出演福山雅治 
役所広司 
広瀬すず 
吉田鋼太郎 
満島真之介 
市川実日子 
橋爪功 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました