映画【魔界転生(2003)】感想

DVDorBD

●こんなお話

 天草四郎が復活して紀州大納言をそそのかして幕府転覆を図るけど、柳生十兵衛が立ちはだかる話。

●感想

 冒頭の島原の乱が迫力あって期待の高まるツカミでした。そこから何故か天草四郎が復活して紀州大納言をそそのかして、剣豪たちをよみがえらせていく。
 最初に荒木又右衛門が復活して柳生の庄を襲撃して、魔界の力を見せつけますが。慢心で片腕を斬られて、その場を退散したと思ったら。荒木又右衛門はアジトで天草四郎に粛清されるっつう。ここから何だか登場人物たちの目的がわからなかったです。
 何で天草四郎は魔界衆たちを1人ずつ投入するという遂次投入をするのか? 他の魔界衆はどんな思いを現生に残していて蘇えりたいのか? 主人公の十兵衛はなぜ、スーパーパワーの魔界衆を倒せるのか? 十兵衛のお供の柳生のお供の人たちも誰が誰だかわからなかったです。
 見せ場である戦いも見せ方があんまり盛り上がる物ではないので、見てて辛い戦いでした。

 もっと怖くておどろおどろしい映画を見て見たかったです。

鑑賞日:2014/11/30 DVD

監督平山秀幸 
特撮監督沸田洋 
脚色奥寺佐渡子 
原作山田風太郎
出演窪塚洋介 
佐藤浩市 
麻生久美子 
杉本哲太 
黒谷友香 
吹石一恵 
中村嘉葎雄 
柄本明 
加藤雅也 
長塚京三 
古田新太 
麿赤兒 
國村隼 
0
タイトルとURLをコピーしました