映画【心が叫びたがってるんだ。】感想

DVDorBD

●こんなお話

 おしゃべりが原因で他人を傷つけると思い込んでるヒロインに同級生たちが振り回される話。 

●感想

 冒頭でヒロインの幼少時代でラブホテルを「山の上のお城」と勘違いしていて親が離婚してしまうトラウマとなるエピソードから始まりますが、いかにも子役子役したお芝居が続いて結構いきなり見ているのが辛かったです。しかもあっさりとトラウマが描かれるだけなので、ヒロインにとってどれだけの傷を負ったのかとかがわからないので、申し訳ないけど映画全体的にヒロインのワガママにしか見えないというのが印象でした。 

 そのため失恋したからみんなを巻き込んで練習してきたミュージカルを当日に逃げ出すというのはやってはいけなくて、どうしても許せなかったです。仲間たちも仲間たちで最初はミュージカルをやりたくないと言っていたのに、「やろうぜ」と良い感じになるという心変わりは一体何なんだと集団催眠とかにかかったとしか思えない心変わりで乗れなかったです。しかもミュージカルをやると決めるくだりとヒロインが逃げ出したので代わりに別の人物が代役をするというところも「そんなの無理だよ」から「やってやろうぜ」と2度も急展開の心変わりにびっくりでした。 

 クラスで頑張って出し物を成功させようとする学園ものとしての面白さも主人公たちのトラウマを乗り越えるドラマとしても、どっちも中途半端に感じてしまう作品でした。 

 原作のアニメーションとほとんど同じで実写にする意味は何だろう? と企画そのものの意味を考えてしまう映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2018/06/12 DVD

監督熊澤尚人 
脚本まなべゆきこ 
原作超平和バスターズ 
出演中島健人 
芳根京子 
石井杏奈 
寛一郎 
荒川良々 
大塚寧々 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました