映画【映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記】感想(ネタバレ)

Doraemon: Nobita's Version of Saiyuki
スポンサーリンク

●こんなお話

 ドラえもんたちの過失で現実世界が妖怪に支配されちゃったので元の世界へと戻そうとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 学校のお芝居で西遊記をやることになるけどのび太君は孫悟空をやりたいけど村人役なのが不満。孫悟空を見つけるために唐の時代へとタイムマシンで向かって、のび太君似の筋斗雲に乗った孫悟空を目撃して本当にいたと嬉しい。そんな中、砂漠で倒れる少年を介抱するとその少年は「ありがとうございます。悟空様」とのび太君を孫悟空と勘違いしている様子。

 仲間たちに孫悟空の目撃情報を話すけど当然信じてもらえない。みんなで再びタイムマシンで砂漠を探すけど、同じ時間同じ場所にはタイムマシンはいけないってことで探し出せない。仕方ないのでドラえもんの道具でゲームの世界の孫悟空の格好をして孫悟空のふりをして最初は信じてもらえてしずかちゃんとかテンション上がるけど、いぶかしんだジャイアンに見向かれて作戦失敗。そんな中、ゲームを開けっ放しにしたらそこからゲームの妖怪が飛び出してくる。

 それに気づかないまま現実世界に戻ったら空がどんよりムードの中、お父さんやお母さんに角が生えていたり、学校でも三蔵法師が妖怪に食べられるのがハッピーエンドだとみんな怖くなっていてのび太君たちパニック。

 ゲームの世界の妖怪が世界を支配してしまったとのことで、再び唐の時代に戻って妖怪たちを封印しないとという事で、一行は西遊記の格好をして本物の三蔵法師とおつきの少年リンレイに妖怪が襲うのでのび太君たち戦う。金角銀角と戦ったりして三蔵法師のピンチを救う。

 三蔵法師のおとものリンレイは実は妖怪のスパイで三蔵法師が妖怪に捕まる。のび太くんは筋斗雲で偵察に行ったら燃える山を発見して妖怪に襲われる。ドラえもんたちも銀角に襲われるけど撃退。けどしずかちゃんがさらわれる。

 みんなで助けるためにリンレイの案内で妖怪の総本山の燃える山に向かうけど、みんな落とし穴に落ちて捕まる。いよいよやばいというときにドラミちゃんがレスキューに来て、のび太君も如意棒を巨大化して牛魔王を殺害。ボスの牛魔王が死んだことで他の妖怪たちの能力もなくなって、妖怪たち死ぬ。

 リンレイも贖罪の気持ちがあって三蔵法師と旅を続けのび太くんたちも現実世界のお母さんが元に戻って嬉しい。でおしまいという。

 ドラえもんとしてはなかなかのホラー演出が強烈で主人公たちがうっかりミスでやっちまったことが原因で元の世界である日常が非日常になってしまっているという妖怪に支配された世界がめっちゃ怖くて、子どもが見たらトラウマになるんではないかと心配になるくらいお父さんお母さんが怖かったです。 

 タイムパラドックスの面白さもあって前半に出てきた人物が後半で同じことをしているのに別の視点で見るとまた変わったものが見えてくるという面白さもあってよかったです。 

 リンレイなる三蔵法師の弟子の不憫さもなかなかで三蔵法師を裏切って自責の念にかられたり両親が目の前で亡くなったりとなかなかハードな人生を歩んでいてかわいそうでした。 

 ただ時代の問題なのか、後半の妖怪たちの戦いは迫力もなくただ大騒ぎしているだけなので退屈に感じてしまう活劇パートでした。 

 タイムマシンを悪用する人はタイムパトロールに逮捕される世界観なはずなので、この映画のドラえもんたちの失態をタイムパトロールは見ていなかったのかな? と思ってしまいつつ、しかも最後の絶体絶命でのピンチもドラミちゃんに助けられておしまいというのもなんだかなぁと思ってしまう終わり方でした。 

☆☆☆☆

鑑賞日: 2018/02/26  Amazonプライム・ビデオ

監督芝山努 
監修楠部大吉郎 
脚本もとひら了 
原作藤子不二雄
出演大山のぶ代 
小原乃梨子 
野村道子 
たてかべ和也 
肝付兼太 

コメント

タイトルとURLをコピーしました