映画【狼たちの絆】感想

Once a Thief DVDorBD

●こんなお話

 絵画を盗む泥棒たちが自分たちを罠に嵌めた連中にリベンジする話。

●感想

 主人公の泥棒コンビとヒロインの3人組がフランスで絵画を泥棒して、そこでトラックに飛び乗ったりするアクションがあり成功したと思ったけれど。チョウ・ユンファが事故死するハプニングある。香港に戻った残りの2人が因縁の絵画がオークションにかけられていることを知って、盗もうとするけれど死んだと思ったチョウ・ユンファが車いす姿で生きていて、再びコンビを組んで盗みを働くことになる。

 アクションコメディのテイストでジョン・ウー作品でこのようなジャンルの映画もあるのかと驚きの軽いコメディでした。序盤からゆるい香港コメディを見せられるので、主演の役者さんとかが好きではないと結構キツいスタートではないかと思ってしまう作風でした。

 序盤の盗みのシーンやクライマックスの盗みもコメディとして描かれているけれど、そこからジョン・ウー作品らしい銃撃戦も用意されていて、くるくるまわったり飛び跳ねたりしながら銃を撃ちまくるのもジョン・ウー作品ファンとしても楽しめて盛り上がるクライマックスでよかったです。カタキ役の1人がマジシャン的なキャラクターでトランプを飛ばして花瓶を壊したりする物凄い破壊力のある攻撃をしてくるのとか楽しかったです。そのカタキ役の退治の仕方も火だるまにされてかわいそうでした。さらに車いすのチョウ・ユンファが実は…という展開も衝撃的でブルース・リーばりの回し蹴りの連続に度肝抜かれる展開で最高でした。

 華やかでガンアクションも迫力あって楽しい娯楽作品でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/11/30 DVD

監督ジョン・ウー 
脚本ジョン・ウー 
クリフトン・コウ 
出演チョウ・ユンファ 
レスリー・チャン 
チェリー・チェン 
ケネス・ツァン 
チュウ・コン 
0
タイトルとURLをコピーしました